Pocket

肩こりを睡眠で改善する

肩こりを睡眠で改善する

今現在肩こりを感じている。過去に肩こりを感じたことがあった。

現在では、高校生や、更に若い小学生でも肩こりを訴えます。

昔と比べると生活環境が変わり、肩こりになる要因も増えてきたのかなと思います。

そこで今回は、辛い肩こりをできるだけ簡単に、改善できる方法を紹介したいと思います。

睡眠中に肩こりになっている可能性がある

【筋肉をマッサージしても肩こりが楽にならない】

毎日辛い肩こりに悩んでいる方もいると思います。いつも肩周りの硬くなった筋肉をマッサージしてみたり、肩甲骨を動かしたりしているのではないでしょうか。そういった事をしていても、なかなか楽になってくれないのも肩こりの特徴です。

【肩こりの原因】

肩こりの原因の多くは、デスクワークだったり、スマホの使用、ゲームのしすぎ、が当てはまることが多いです。

若い世代では、あたらり前の習慣です。でも、このような習慣は、猫背を促進し、肩こりを辛く、慢性的な物にしてしまいます。このような肩こりの原因はよく知られていると思います。

あまり知られていないが、肩こりの原因になることがもう一つあります。それは、睡眠時に使う『枕』です。

【枕が肩こりの原因になる】

私達が普段生活している中で、睡眠時間の割合は多いです。大体、人生の3分の1は睡眠に時間を費やしています。その間、自分に合っていない枕を使っていると、寝ているだけなのに肩こりになってしまう可能性があります。

本来、睡眠は体の疲労回復や痛みの修復をします。しっかり寝れていれば肩こりも回復しているはずです。

間違った枕を使えば肩こりを辛くしてしまいますが、適切な枕を使っていっれば、寝ている間に肩こりを解消してくれます。

こんな枕は使わないで!肩こりになる枕

「こんな枕を使うと肩こりになる」という枕の特徴と理由を紹介したいと思います。

枕の硬さで比較

柔らかい枕

可愛らしくてふわふわしている枕や、柔らかくて包み込まれそうな枕は、首こり・肩こりになります。

このような枕は、「気持ちよさそうで心地良く寝れるのではないか」というイメージがあります。た、柔らかいのが自分は好みと言う人もいるでしょう。実際に使った感じも、柔らかいので気持ち良さを感じると思います。

しかし、使っているうちに頭が安定しなかったり、顎を引いた状態になったりで、仰向けで寝ているのが苦しくなってくると思います。そうすると寝ている間に首に負担がかかり、首の筋肉や肩の筋肉が凝ります。

朝、首を寝違えていたり、肩の重さを感じるのは、これが原因の場合が多いです。また、寝返りも打ちづらくなるので、良質な睡眠ができず、疲労が回復しないということにもなります。

枕が硬すぎる

硬すぎる場合にも首・肩にとって良くないです。

5~7kg程ある頭を支えるので、基本的には硬いほうがいいです。ただ、余りにも硬いと、枕と頭や首の接点が痛くなることがあります。すると、自然と体に力が入ってしまい、肩こりを辛くしてしまう場合があります。

緊張すると交感神経が優位に働きだすので、熟睡できなくなります。

首や頭が沈まない弾力のある硬さが良い

枕の硬さは、仰向けに寝て首のカーブが保てる硬さがベストです。

枕の高さで比較

枕が高い

高い枕は顎が下がって、気道が圧迫されて呼吸がしにくいです。いびきをかきやすくなる可能性があります。顎が下がった状態だと首のカーブが失われるので、肩こりになる可能性を高めます。

首のカーブが少なくなることで、肩こりや首こりが起きる事はもちろん、背骨の自然なS字カーブが失われることになるので腰痛になることも考えられます。

枕が低い

枕が低い状態で首の湾曲を正しく保とうとすると、顎を上げた状態になります。この状態を続けるには、首や肩の筋肉を緊張させたまま寝ることになります。その結果、筋肉の緊張状態が続くので、血行不良が起きて肩こりになってしまいます。

寝ている間、意識して顎を挙げているのは無理です。いずれ顎は下がってきますので、高い枕を使っているのと同じく、首のカーブを崩してしまうことになります。

枕の高さは顎が下がらない高さ

枕の高さは顎の位置が、立っている時と同じようにする必要があります。仰向けに寝て少し、顎が上がる程度がいい高さです。

肩こりを防ぐ枕の選び方

形と高さ

まず、押さえておきたいのが枕の形と高さです。枕の形も様々な物があります。

【枕の形】

肩こりを防ぐ為には首のカーブを保つことです。首のカーブが保てる枕の形は、首の当たる位置が高くなっていて、頭の当たる位置は低くなっている物です。仰向けに寝て、首と枕の間に隙間ができないほうが良いです。

【枕の高さ】

顎が上がりすぎず下がりすぎず、立っている時と同じ良い姿勢が保てるものが良いです。

また、ストレートネックなどで首の前カーブが少ないと、首の部分が圧迫される感じがあると思います。圧迫が強く痛いようでしたら、少しずつ枕の高さを変えていくと良いです。

寝返りがしやすい

人は寝ている間に30~40回ほど、寝返りをすると言われています。寝返りが打てないと肩こり首こりの原因になります。

寝返りがしやすい枕は、頭の重さで沈み込みが少なく、ある程度の硬さがあるものです。また、寝返りした時に頭が落ちないように、幅が広い枕がいいです。できれば肩幅より広い枕を選ぶといいです。

枕の素材は硬め

枕は素材によって柔らかさが異なります。なるべく硬めの物をおすすめします。

羽毛、綿、低反発ウレタン、テンピュールなどの素材を使った枕は、基本的に柔らかい枕です。そば殻、パイプ、高反発ウレタン、などの素材を使った枕は基本的に硬めの枕です。

おすすめは高反発ウレタン素材です。形が崩れにくく弾力もあるので、首の前カーブを崩さず睡眠ができると思います。

良い枕が見つからない….そんな時はバスタオルで対応

なかなかいい枕が見つからない。とにかく早く首を守る枕を試したい。

という人は、バスタオルで肩こりを防ぐ枕を自作するのがおすすめです。

タオル枕の作り方

【用意する物】
大きめのバスタオルと紐を2本用意してください。体の小さい人でしたら、少し小さめのバスタオルが良いかもしれません。

【作り方】
1.バスタオルを縦長になるように折ります。

2.次に長さが半分になるように折ります。

3.それを端からきつめに巻いていきます。

4.巻き終わったら両端をひもで結びます。

5.これで完成です。

【ポイント】
・なるべく沈まないように硬くしたいので、バスタオルはきつく巻きましょう。

・高さが高すぎたりしたら、小さいバスタオルに変えたり、巻き方を変えたりしてみましょう。

・使用する時は、両肩にぴったりくっつけ、首に隙間ができないように当てて寝るようにしてください。

肩こり予防だけじゃない!適切な枕を使うメリット

背中や腰の張りも和らぐ

適切な枕を使用してもらうと首に正しい前カーブができます。首のカーブができると関節が広がり神経の圧迫が少なくなります。すると、血流が良くり、神経の働きが正常になります。

その結果、首こりや肩こりが楽になり、頭痛も軽くある可能性があります。また、首のカーブが正常になることで、
全身に良い影響を与え、背中の痛みや、腰の辛さもすっきりする可能性もあります。

呼吸がしやすくなる

顎が下がった状態にならないので、気道が圧迫されず呼吸がしやすくなります。いびきをかきにくくなることもあります。

呼吸がしやすいので寝ているときに、体が回復しやすくとてもリラックスできます。睡眠の質が上がることで、次の日へ疲労を持ち越さず、朝の目覚めもスッキリすると思います。

まとめ

普段使っている枕が、肩こりに影響していると思っている方は少なかったのではないでしょうか。

かわいい枕、おしゃれな枕など、見た目で枕を決めていた。

やわらくて気持ちよさそうというイメージで枕を決めていた。

これでは肩こりになるリスクを買っているようなものです。

肩こりや首こりで悩んでいるのであれば、正しい枕を選び使うようにしましょう。

まずは、バスタオル枕を試してみるのがおすすめです。

 

by 金沢市の整体院カイロプラクティックFix

Pocket