Pocket

四十肩や五十肩は中高年の方に起きることが多い症状の一つで、通常の肩こりよりも激しい痛みがあり日常生活に影響が出ることがあります。

もし四十肩や五十肩になってしまっていたら、いつもの肩こりとは違った痛みで、どう対処していいのか、何が原因だったのか分からないという感じで悩んでいるのではないでしょうか。

ある人に聞けば、「四十肩は放っておけば自然と楽になる」と言われ、またある人に聞けば「痛みがあっても肩を動かさなきゃだめだ」と言われるなどで、辛いのにどうしていいのか分からなくなっていると思います。

ここでは、四十肩、五十肩の原因から対処方法まで解説していきます。

四十肩と五十肩は同じ症状

四十肩と五十肩 金沢市

『四十肩』や『五十肩』という言葉は良く聞くと思います。実際に『四十肩』や『五十肩』は、肩がどういう状態になっているのか分かりますか?

また、四十肩と五十肩で違いはあるの?という疑問もあるのではないでしょうか。

結論から言いますと、四十肩と五十肩と言うのは同じです。40代や50代の方に多く起っていたことから、このような呼び方がつけられています。

四十肩・五十肩は「肩関節周囲炎」

四十肩や五十肩は、正式には肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)と呼ばれる症状です。

肩関節周囲炎とは、肩関節の腱(腱板)、関節、筋肉に炎症が起きている状態のことです。つまり四十肩・五十肩というのは肩に起きた炎症によって痛みや運動(可動)制限が起きている症状のことを言います。

炎症が起きる主な原因は3つあります。多くの場合「3」が原因となっていることが多いです。肩に激しい痛みがある場合は、原因をつきとめる必要があるので整形外科で適切な検査を受けるようにしましょう。

1.腱板の損傷・断裂

腱板とは、肩甲下筋腱、棘上筋腱、棘下筋腱、小円筋腱の4つの筋肉の腱が束になって形成している健のことを言います。

これら4つの筋肉は、小さい筋肉ですが肩の安定性を保つために重要な筋肉です。これらの腱が傷ついたり断裂することで痛みがでます。

MRIなどの検査で状態を判断できるので、病院でしっかり検査を受けましょう。安静に保ち薬で回復する場合もありますし、手術を進められる場合もあります。

2.石灰沈着性腱板炎

腱板の内部にリン酸カルシウムが結晶化することで、周囲に炎症が発生して痛みや可動域の低下が起こります。

はじめは、濃厚なミルク状ですが時間の経過とともに固くなってきます。固くなってしまうと激しい痛みと肩の動きがかなり悪くなってきます。

早い時期に病院で処置をしてもらうと比較的早く改善される可能性があります。状態が悪いと手術になる可能性もあります

3.肩周りの筋肉が凝り固まっている

血流が悪くなり疲労物質が蓄積して筋肉が凝り固まっているときに肩を動かしたことで炎症が起きてしまった状態です。

病院で検査を受けても特に異常がないと言われた場合には、このような原因による肩関節周囲炎であることが多いです。

このような場合であれば、カイロプラクティックや整体院で改善する可能性が高いです。

筋肉が原因の四十肩や五十肩はなぜ起きるのか

どうして四十肩や五十肩が起るのか?という問い対しては正確に「これが原因です」というものは今のところないのですが…。炎症は摩擦が大きかったり、使いすぎたりということで起きます。

一般的には肩周りの筋肉や関節、靭帯などが傷つくことで熱を持ちます。なので野球のピッチャーなどが使いすぎで、痛みが出ている時も炎症によるものが多いです。しかし、中高年の人がそこまで酷使して、肩を使うことがあるのでしょうか?たぶんないですよね。

では、なぜ炎症が起るのか?

【原因1】肩関節の動きが悪い 

スムーズに動かない肩関節になっているからです。加齢や不良姿勢によって、関節を構成している軟骨や筋肉、靭帯が硬くなり、動きが悪くなってきます。すると、少ない動きでも肩関節周囲の組織が疲労し、傷ついて炎症が起きているということが考えられます。

【原因2】慢性的な肩こりになっている

慢性的な肩こりになっていると、肩関節周りの筋肉が硬くなり、血流が悪くなります。血流が悪くなったことで、組織の回復が間に合わず、日頃の疲労が蓄積して、肩関節の腱に炎症が起きてしまう可能性があります。

【原因3】筋肉の衰え

若いころは、ある程度筋肉がしっかりしているため、肩関節をしっかり支えることができます。しかし、日頃からトレーニングをしていなければ、年齢を重ねるごとに、筋肉が落ちていきます。すると肩関節を支える為に、筋肉だけでは足りなくなり、腱も大きな負担を背負うことになるのです。その結果、腱にダメージが蓄積され、ちょっとした動作で炎症が起こり、四十肩になることも考えられます。

四十肩・五十肩は放置しておくと大変

安静ににしているだけではダメ

安静ににしているだけではダメ

自然に痛みが引くのは炎症だけ

四十肩や五十肩になった直後は炎症があるため、しばらく安静にしている必要があります。安静にしていれば炎症が引いて、痛みが和らいでくると思います。しかし、その後もずーっと安静にしているのは間違いです。

肩の可動範囲は改善しない

安静にしていも肩を動かせる範囲は狭いまま。ただ痛みが和らいだだけです。

「肩の動きが悪くて不自由だ」、「少し高い所の物をとる時に手が届かない」、「服を着たり、脱いだりするのが辛い」、「ボールが投げられない」、という症状は自然に改善されません。では、四十肩や五十肩になった場合には、どのように対処するのがよいのでしょうか。

四十肩や五十肩になった時の対処方法

もし、痛みが起きてしまった場合の対処方法を解説していきたいと思います。

急性期の改善方法

アイシングをする

アイシングをする

急性期は炎症が痛みの原因

四十肩や五十肩は、何気なく肩を動かした時に突然発生するのが特徴です。発生したばかりで、何もしていなくても痛みがあるような状態を急性期といいます。この時期は普通に過ごしている時でも、ズキズキとした痛みを感じたり、痛めた肩を下にして寝ることができなかったり、痛みで目が覚めるたりする場合もあるのではないでしょうか。

このような時期は炎症による痛みです。数日すれば激しい痛みは自然と和らいでくると思います。

炎症を早く改善する方法

氷水などで冷やすアイシングをすると早く痛みを和らげることができます。また、この時期に肩を激しく動かすと炎症を悪化させる可能性があります。重い物を持つなどは控え、なるべく安静に過ごすようにしましょう。

慢性期

肩を良く動かす

肩を良く動かす

慢性期が四十肩改善のキーポイント

しばらくすると激しい痛みは引き、何もしていない状態では、肩が痛むということが無くなると思います。この状態にきたら慢性期となります。肩を動かさなければ痛みは出ないと思いますが、動かすと痛みを感じたり、動きが悪いのではないかと思います。

四十肩や五十肩から回復するためにはこの時期が大切です。

この時期にしっかり対処しておかなければ、「洗濯物を干す時に肩が痛い」、「ボールを投げる時に肩が痛い」、「服を着替える時が辛い」、というような日常生活に支障をきたす状態が長く長く続いてしまいます。

慢性期は肩を積極的に動かす

腕が挙がらない、腕が後ろに回らない、というのは『肩関節拘縮』と言われる運動障害です。筋肉などが硬くなり、
運動に障害が出ている状態です。肩関節をしっかりと動かして柔軟にして行くことが大切です。

ものすごく痛みを感じる無理な動きはしなくていいです。少しずつ肩甲骨の動きを中心に、可動域を広げて行きましょう。この時期に何もしなくていいと言うのは嘘です。しっかりと動かし肩の可動域を戻しましょう。

四十肩や五十肩にならない為に

四十肩や五十肩になったとしても回復できますが、痛い思いもします。もとの状態になるまでには、地道な努力とある程度の期間が必要です。四十肩や五十肩にならないように気を付けることが大切です。

単純に肩の可動域が正常な状態を保てていれば、炎症が起きる可能性を減らすことができます。そのためには、今感じている肩こりを改善しましょう。姿勢を正して肩甲骨を良く動かすストレッチや体操を、十分に行うようにしましょう。

まとめ

四十肩・五十肩についてご理解頂けましたか?

四十肩・五十肩になったら、まったく何もしないというのはやはり嘘です。状況によって安静にする時と、積極的に動かす時があります。それぞれの時期で適切な対応をすることで、辛い肩の悩みから早く改善されるはずです。

それでも半年から1年かかることもあります。なるべくならないように日ごろから予防をしましょう。

Pocket