Pocket

とつぜん腰が痛くなった

ぎっくり腰になった金沢市の40代 男性

仕事中に腰が突然激しく痛くなり、病院に行ったら「ぎっくり腰」と言われ、来院された40代の男性です。

【症状】

中腰などの腰に負担のかかる姿勢で、1日中作業をしていたら、急に今までと違う腰の痛みを感じたそうです。しゃがむ時や、車の乗り降りで腰の痛みが酷いとう状態になったそうです。

仕事に支障があるので病院に行ったら、ぎっくり腰だと言われたそうです。注射をしてもらって一時期は良くなったが、また痛みが戻ってしまったということで来られました。

【検査】身体の状態を確認

ぎっくり腰といっても、炎症を起こしている箇所や、緊張している筋肉などで、様々な状況が考えられます。

大腰筋の緊張が強くなっている

大腰筋の緊張が強くなっている

大腰筋の緊張がぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因はどこか確認してみると、この方の場合は大腰筋の緊張が強くなっていることでした。

大腰筋という筋肉は、膝をあげる動き(股関節の屈曲)で使われます。腰椎と大腿骨を近づける筋肉なのですが、緊張し縮こまった状態が続いたことで腰のカーブがを減少させていました。

その結果、腰椎に負担がかかりぎっくり腰が起きたと考えられます。

【施術】骨盤の調整と大腰筋をゆるめる

施術は再発を防ぐ為に骨盤の後傾を調整して、腰のカーブを戻すことを意識して行いました。それに加えて、大腰筋の緊張をしっかりほぐしました。

【施術後】痛みは残るが、動けるようになった

ぎっくり腰になりたてで炎症も残っているので、施術後に痛みが完璧にスッキリした状態にはなりません。それでも、施術前には辛かった体を起こす動きや、しゃがむ動きができるようになっていました。

1週間程すれば炎症も治まるので痛みは楽になると思います。アイシングをしながら安静に過ごすようにお伝えしました。

 

by 金沢市の整体院 カイロプラクティックFix

Pocket