Pocket

オフィスにいると肩こりになる

オフィスにいると肩こりになる

冷房が効いたオフィスで仕事をしていると、いつもは感じない肩こりを感じる。ということはないでしょうか。

このような方は、実は、根っからの肩こり持ちかもしれないです。

温度の差が肩こりに

身体が冷えると体だるくなる

暑い夏の季節になると、オフィスでも冷房のスイッチが入ると思います。冷房が効き過ぎのオフィスでの、デスクワークや会議は体調が悪くなりますよね。

最近ではギンギンに冷えている、ということは少ないですかね。でも、常に風が常に当たるような席だと、風邪が冷たく感じ体が冷えてくるのではないでしょうか。

そのような席で仕事をしていると、いつも感じない肩こりや、体のだるさを感じます。

体は一定の温度を保つ

体のだるさは涼しい室内と、暑い屋外を出入りすることで起ります。

体は一定の温度を保とうとします。暑いところでは汗を出して体温を下げる。寒いところではエネルギーをせっせと作り、体温を上げる。ということが体の中で行われます。

激しい温度差が自律神経のバランスを乱す

この調整は、自律神経によって制御されています。

交感神経は体温を上げ副交感神経は体温を下げる

これが頻繁に繰り返されると、体のだるさ、冷え、食欲不振、などが起ります。自律神経を調節しきれなくなり、自律神経失調症に似たような症状が、起きてしまうのです。

このことが原因で肩こりになる可能性もあります。

冷房で体が冷えて肩こりに

【体が冷える事で肩こりに】

これは体が冷えで血流が悪くなることが、関係しています。体が冷えてくると血管が収縮します。血管が収縮したことで筋肉への、栄養や酸素の供給が間に合わなくなります。すると筋肉がこり固まってしまいます。

筋肉が硬くなると、ますます酸欠状態になり、やがて痛みを感じるようになります。

【冷房で肩こりにならない人もいる理由】

もともと肩周りの筋肉が柔軟であれば、冷房で冷えて肩こりを感じることはないと思います。普段から肩こりがある人や、肩をもまれると硬いと言われる、という人は冷房のせいですぐに、痛みや凝りを感じてしまうでしょう。

冷房が効いている部屋だと肩こりになるという人は、根っからの肩こりだということを自覚しましょう。

首・肩周りの筋肉を柔軟にして冷房に強い体に

冷えないように何か一枚着る。肩にタオルをかける。カイロをはる。などで体を冷やさないようにする、ということも良い対策だと思います。

でも、夏に一枚着たら暑くないです?移動する時にタオルが邪魔になりませんか?

一時的にしのぐのであれば、この方法でいいと思います。でも、根本的に肩こりを解消して、冷房に強い体にした方が、わずらわしいこともなく、美容や健康にいい結果をもたらします。

肩こりを解消する方法

肩こりを解消するには、肩甲骨がキーポイントになります。肩甲骨の可動域が広くなれば、多くの肩こりを解消することができます。

肩甲骨を動かすには、肩・背中の上部・首の筋肉が関わっています。もんだり、押したり、しても届かない奥の筋肉も使われています。

肩甲骨の場合には、押す、揉むということをするより、大きく動かすということをした方が、血流が良くなり筋肉が柔軟になります。その結果として肩こりも解消されます。

【やり方】

肩こり解消のための運動を説明します。

①両手を頭上に真っ直ぐ上げます。この時に手の平は体の外を向けます。

②手の平を外に向けたまま、肘を曲げながら腕を下ろしていきます。その際に肩甲骨を背骨に近づけるイメージで、腕を下ろして行きます。

③これ以上おろせないところで2秒キープします。

①~③を10回ほど繰り返してみましょう。肩の周辺が少し柔らかくなることと、血流が良くなり暖かくなることを、感じれたらOKです。

まとめ

冷房のせいでいち早く、肩こりがひどくなってしまう人は、もともと酷い肩こりの持ち主です。体を温めてしのぐという対策もいいです。でも、運動をして、首や肩周りの筋肉をほぐし、肩こりを解消したほうが健康や美容にとってメリットがあります。

この夏を前に、肩こり解消に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

by 金沢市の整体院カイロプラクティックFix

 

 

Pocket