Pocket

腕に痺れるような痛みがある

腕に痺れと痛みがある金沢市の40代 男性

腕を頭上にあげようとすると肩から二の腕にかけて痺れるような痛みがでる、ということで来院された金沢市の40代の男性です。

1週間ほど前から腕を上げると肩や腕に痺れるような痛みがあり、仕事で不都合だったそうです。

動かさなければ痛みや痺れは感じないという状態でした。

身体の状態を確認すると胸と肩の筋肉の張りが強くなっていた

痺れるような痛みの原因を探ってみると、胸の筋肉である小胸筋と肩を安定させる小円筋や棘下筋の張りが強くなっていました。

姿勢が悪く背中が丸まっていて肩が前に出ている為に、このような状態になったのだと思います。

小胸筋の緊張で腕に痺れや痛みが起きる

小胸筋の緊張で腕に痺れや痛みが起きる

特に、小胸筋は肋骨から肩甲骨の前側に繋がっているので、萎縮して肩が前に出るとで肩の前を通る神経や動脈を圧迫してしまい痛みや痺れを引き起こしてしまいます。

猫背の改善と筋肉の緩め

1番の原因となっているのは猫背になっていることなので、施術は姿勢の改善をメインに行いました。

それに加えて、小胸筋と肩甲骨周辺の筋肉を緩めて前に出ている肩を正常な位置に戻すように施術を行いました。

施術後は痛み感じなかった

施術後は、腕を挙げても痛みや痺れを感じるということはなくなっていました。

長年背中が丸まっていたの姿勢は完璧ではありません。

今後も施術とホームケアでこのような痛みが再発しにくい姿勢にしていけるといいです。

Pocket