Pocket

朝目覚めがスッキリしない

朝目覚めがスッキリしない

「前の日の疲れが全くとれていない」

「背中や腰に痛みや重さを感じる」

おそらく寝起きに辛さを感じている方は、ほぼ毎日朝が辛い状況なのではないでしょうか。

なんとか改善したいと思い、「やさしくつつみこまれる」、「朝まで熟睡」、などのキーワードにヒットして寝具を変えたりしたのではないでしょうか。熟睡できる寝具に変えることは良いことだと思います。

熟睡できる寝具の特徴は『寝返りがしやすい』寝具です。また、体が酷く歪んでいるという状態でも熟睡できません。

寝具と体の歪みが睡眠の質に影響します。今回はこの2つについて説明したいと思います。

なぜ?朝起きると腰痛を感じる

【腰痛の原因①】背骨と骨盤の歪み

背骨や骨盤が歪んでいなければ、立っている時も、座っている時も、腰痛になることは少ないです。これは寝ている時も同じです。

背骨のS字カーブが正常なら体にかかる負担が分散されます。寝ていても腰だけに負担がかかるということがないんです。

また、背骨が左右に傾いていると、仰向けで真っ直ぐな姿勢で寝ることができません。体の傾きにあわせて横を向いて、楽な姿勢に固定して寝るというようになります。

【腰痛の原因②】寝返りをしない

同じ姿勢のまま寝ているというのは、腰の筋肉を緊張させてしまうことなります。

本来は寝ている時でも、筋肉を固めない血液の循環が悪くしないということをするために、自然と寝返りをするはずです。

腰痛を感じずスッキリ起きる方法

①.睡眠中の寝返りを促す

寝返りをする

寝返りをする

腰痛を感じず朝を迎えるためには、寝返りをすることが大切です。

寝返りをする人は熟睡できている

普通寝ている間には寝返りを20~30回ほど行っています。

寝返りが多いと熟睡できていないと思っていませんか?その考えは逆です。熟睡できているからこそ寝返りを行っています。

寝返りは、90分間周期でおとずれる浅い睡眠と深い睡眠の切り替えの時に行われます。この時に無駄な力がかかったりすると、睡眠の妨げになり、睡眠が浅くなったり、目が覚めてしまったりします。

ずっと同じ姿勢で寝ていると、下になっている体の部分は、圧迫されてリンパや血液の循環が滞ってしまいます。寝返りをすることで、循環がちゃんと行われるようになり、老廃物を回収して体が正常に修復されます。

寝返りは温度調節の役割もある

寝返りは体温調節の役割もあります。

布団と体が密着していると熱の逃げ場がなくなります。そこで寝返りを打つことで、熱を逃がして体温上昇を防ぎ、
快適な睡眠をおくることができます。

寝返りをしやすくるためには、寝返りがしやすい環境にしてあげることが大切です。

②.腰痛を防ぐ寝具を使う

お尻が沈む寝具は腰痛になる

お尻が沈む寝具は腰痛になる

寝具のせいで腰が痛くなることがあります。掛け布団については季節に合わせて好きな物を使ってOKです。

問題は敷布団です。

柔らかい敷布団は腰痛になる

マットレスや敷布団が、柔らかいと体が沈みこんでしまいます。つつみ込まれるような感触の物や低反発などが沈む物に該当します。

寝ている状態だと体で1番重い部分はお尻になります。重いお尻の部分が、約3cm沈みこむだけで腰には体重の約4割ほどの負担がかかります。その結果、腰の筋肉が疲労し、目覚めた時に腰痛を感じるのです。

柔らかい寝具が腰のカーブを崩す

深く沈み込むことで腰の前カーブが減少します。寝ながら腰痛になる悪い姿勢を作っていることになるのです。もともと、腰の前カーブが少なく、腰痛もちの方だと、仰向けでは寝れない程腰が痛く感じることもあります。

体が沈み込むと寝返りをしなくなる

体が深く沈み込んでしまう寝具だと、寝返りに余計な力を使うことになります。すると、寝返りを打たなくなってしまったり、寝返りを打つ度に目が覚めしまったり、ということが起ります。

硬めで弾力のあるマットレスがオススメ

体を回復させる大切な睡眠ですが、睡眠環境が悪いと、逆に体を疲れさせ、腰痛を悪化させます。マットレスや敷布団は、ある程度の弾力があり、寝返りがスムーズに行える物を使いましょう。

まとめ

寝起きの腰痛で、不快な思いをしないためには、寝返りが重要になります。

寝返りができているのかチェックするのは、なかなか難しいと思います。

目安としては、次のことができていればOKです

1.寝具の硬さは適切か

体が沈みこむような柔らかさではない。

3センチ以上沈みこむと良くないです。

また、床のように、全くクッション性がないのも良くないです。

2.寝具の上でバタバタ寝返りを打ってみる

両膝を立てて左右に体を倒した時に、楽に体の向きが変えれるか確認して下さい。

無駄な力を使わず、スムーズにできるようであればOKです。

2つのことができていれば、睡眠環境の面では、寝返りが打てていると思います。

これができていなければ、寝返りが楽にできる環境に、変更してみると良いと思います。

体の歪みが酷い場合には、寝る前に歪みを改善するストレッチなどをして、睡眠に入ることで寝起きの腰痛が楽になると思います。

Pocket