Pocket

『姿勢と腰痛』は関連性が高いです。腰が痛いと悩んでいる方の多くは普段の姿勢が悪い方ばかりです。

ここでは、腰痛を治したいのに腰痛が治らないと悩んでいる人が、なっているであろう姿勢を紹介します。もし、該当するようであれば改善する必要があります。

【腰痛になる姿勢1】猫背

長時間のデスクワークやスマホの操作は姿勢を悪化させます。特になりやすい姿勢は猫背です。

一般的な猫背

一般的な猫背は、背中の真ん中あたりから前方に丸まった姿勢です。この姿勢になると重心が前方にいくため、何もしなければ前に倒れてしまいます。そこで体は背中の姿勢を支える筋肉を緊張させて倒れないように支えます。このような状態が続くことで腰の筋肉が凝り固まり腰痛になります。

腰から猫背

猫背が背中の真ん中からではなく腰から猫背になる場合もあります。わかりやすい例だと、畑仕事をしている腰の曲がった、高齢の方のような姿勢です。

長時間前かがみで作業をしたり、長時間のデスクワークをしたり、ということでなりやすい姿勢です。長時間前かがみの作業をしていると、骨盤が後傾(お尻が下がる)してきて、腰の前カーブが少なくなります。
ひどい方だと逆に後ろにカーブすることもあります。

このような状態になると、背骨の構造で負荷を分散することができなくなり、腰の骨(関節)や筋肉に負担が集中してしまいます。すると、筋肉は緊張して硬くなり、関節はダメージを受けて炎症を起こしたり、ということで腰痛を感じます。高齢の方で骨が弱くなっていれば圧迫骨折、若い方も椎間板ヘルニアなる可能性が高くなります。

【腰痛になる姿勢2】反り腰

一見姿勢がいいように見える反り腰ですが、腰に負担が大きいい姿勢で腰痛になりやすいです。

反り腰は正常な腰のカーブよりも更に反った姿勢です。壁に背中を付けた時や、仰向けに寝た状態で、腰と壁(床)との間に拳一つが入るスペースができてしまう方は反り腰になっています。正常な腰のカーブがある人は、手の平がちょうど入る程のスペースです。

腰の反りが大きくなることで、腰や背中の筋肉が緊張して、腰痛を感じます。また、太ももの前側の筋肉も緊張しやすく、足もだるく感じます。理想的なゆるいS字カーブが崩れてしまうので、腰の関節にも負担が増え慢性的な腰痛になります。腰を反らす事で痛みが強くなる人が多く、お腹がぽっこりと出たりお尻が大きく見えたりします。お腹の筋肉が弱い女性に多い姿勢です。

【腰痛になる姿勢3】お腹を突き出して立っている

お腹がを突き出している姿勢というのは、膝が少し曲がった状態で立ち、お尻が下がった状態で、更に猫背にが加わった姿勢です。このような姿勢をスウェイバック姿勢といいます。

骨盤の後傾(お尻が下がる)が強くなるので、腰椎(腰)のカーブが失われ、椎間板や筋肉にかかる負担が増えます。この姿勢を放置していると、椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症など重症化するケースもあります。また、腰椎(腰)のカーブが減少することで、神経圧迫が起きたり、お尻や太もも裏の筋肉がの緊張が強くなることで、脚やお尻の痛みや痺れを伴うことがあります。

【腰痛になる姿勢4】どちらかの肩が下がっている

肩の高さの違いは、肩に問題があると思われがちですが、肩だけが問題になっていることは少ないです。左右で肩の高さが違う原因の多くは、骨盤の左右の高さの違いが影響しています。

立っている時に片足に体重をかけていたり、脚を組んで椅子に座ることが癖になっていたり、という人は骨盤の高さが左右で違います。骨盤の高さが左右で違うと、体のバランスを保つ為に背骨が左右どちらかに倒れた状態になり、肩が下がっているように見えてしまうのです。このような状態になると、一方の腰の筋肉だけが緊張した状態になり、疲労がたまって腰痛を感じます。そのため、左右で肩の高さが違う肩の腰痛は、左右どちらかだけに腰痛を感じることが多いです。

【腰痛になる姿勢5】側弯症

背骨は本来正面から見た時に、真っ直ぐになってなければいけません。

側弯症は、背骨が左右に曲がってしまっている状態のことをいいます。先天的(生まれつき)背骨が側弯している場合と、病気や生活習慣によって背骨が側弯する場合があります。側弯症になって初期の段階では、腰痛など痛みを感じることがない人も多く、健康診断などで胸部のレントゲンを撮影した際に、指摘されて気づく場合もあります。

背骨が左右に大きく曲がることで、肩の高さが左右で違ったり、顔が左右どちらかに傾いたり、ウエストのクビレが左右で違ったり、といった見た目の変化が現れます。このような状態になると、曲がりが強い部位の椎間板への負担が増えます。特に、腰椎(腰)の曲がりが強くなると、慢性的な腰痛に悩まされます。

 

腰痛の改善方法をもっと詳しく知りたい方は腰痛を改善したいと思っているあなたに必要な知識と解消方法の全てをご覧下さい。

Pocket