Pocket

辛い頭痛をなんとかしたい

辛い頭痛をなんとかしたい

頭痛もちの方の中には、
寝込むほど辛いという方もいると思います。

そのような頭痛がある方なら、
病院で色々検査をしているのではないでしょうか。

でも、特に異常がないと言われ、
諦めていませんか。

もしかしたら首・肩こりを改善することで、
解消される可能性がありますよ。

病気による頭痛と病気ではない頭痛

頭痛には病気によるものと、
病気ではない頭痛があります。

1つ目は風邪による発熱によって引き起こされる頭痛

2つ目は脳の病気によって引き起こされる頭痛

3つ目は特に病気ながないのに起る頭痛

1つ目と2つ目は、
原因となっている病気がはっきりしており、
その病気を治せば頭痛は治ると思います。

3つ目の病気ではないのに起きる頭痛は、
現状ではこれですと言う原因ははっきりしていません。

そのため病院で様々な検査をしても、
はっきりした答えは返ってきません。

その結果、
慢性的に悩んでいる方が多くなっています。

ただ、頭痛には血流と神経が関係していることは、
わかっています。

頭痛の種類

病気と関連のない頭痛にも種類がいくつかあります。

1.片頭痛

ズキズキと脈を打つような痛みで、
頭の片側だけのこともあれば、
両側や後頭部に痛みを感じることもあります。

酷いときには、
吐き気や嘔吐などを伴う場合もあります。

少し体を動かしただけでも酷い痛みを感じて、
動かずじっとしていたくなります。

頻度は多い方で週に1~2回程度あり、
2~3日ほど続く場合もあります。

2.緊張型頭痛

多くの方はこのタイプの頭痛です。

頭をギューっと締めつけられるような、
鈍い痛みを感じることが多いです。

肩こりや首こりを感じる、
フワフワしためまいを感じる、
体のだるさなどを感じる、
ということがおこります。

毎日頭痛を感じる方も多いです。

3.群発性頭痛

これに当てはまる人は少数です。

夜中から朝方にかけて起りやすく、
目の奥から側頭部にかけて、
突き刺すような激しい痛みが、
15分から30分程度続きます。

病気ではない頭痛はなぜ起るのか

病気ではない頭痛は、
脳が直接痛みを感じているわけではありません。

脳や頭蓋骨そのものには痛覚はないのです。

では、頭痛はどこからやってくるのか?

それは、頭部に近い血管や筋肉、神経からです。

これらが刺激を受けることで、
痛みの信号が脳に伝えられ頭痛として現れます。

血管が拡張して神経を圧迫することで、
痛みが出る場合や、
首や肩周りの筋肉の緊張によって神経が刺激され、
痛みが出る場合があります。

頭痛を引き起こさないためには、
神経に悪い刺激を加えないようにすることです。

頭痛の原因と対策

緊張型頭痛の方がもっとも多く、
緊張型頭痛から片頭痛になることが多いようです。

そのため、
緊張型頭痛を防ぐことが頭痛の解消になると思います。

緊張型頭痛は首や肩の緊張により、
筋肉が凝り固まり神経を圧迫して起ります。

長時間のデスクワークや、
スマホの利用、
猫背、
ストレス、
などによって筋肉は緊張します。

特に首の前湾の減少によって、
ストレートネックになり頭痛を感じるということが多いです。

ストレートネックなどの首の歪みは、
自律神経のバランスを乱しやすく、
ストレスを感じやすくなってしまいます。

そのため、余計に頭痛になる要因を増やしてしまいます。

対策は、
首の湾曲を取り戻して首・肩こりを解消することです。

首の湾曲を正常な状態に改善する、
簡単な方法をご紹介します。

首の湾曲を改善する方法

用意するのはタオル1本です。

①タオルを首の後ろにかけて両端を持ちます。

②タオルを真正面に向かって軽く引っ張りながら、
限界まで上を向いて行きます。
痛みがあれば痛みを感じないところまででOKです。

③上を向く力とタオルを引く力で、
引っ張りあいをする感じで10秒ほど行います。

これを3回ほど繰り返してください

頚椎にヘルニアなどがある場合は控えたほうがいいです。

まとめ

多くの頭痛は首こりや肩こりによって引き起こされています。

頭痛薬の常用は更なる頭痛を発生させたり、
体への様々な悪影響も考えられます。

どうしても頭痛が辛くて、
一時的にしのぐには良いと思います。

ただ、根本的には改善されません。

首や肩周りの筋肉の緊張を緩和させて、
首の歪みを調整することで、
頭痛が解消された方々を何人も見てきました。

長年悩んでいて解消したいなと思う方は、
是非、首・肩凝りを解消してみて下さい。

 

by 金沢市の整体院カイロプラクティックFix

 

Pocket