Pocket

ダイエットに必要な要素は、運動と食事です。

中でも食事の管理は、体重を落とす、体脂肪を落とす、ということには非常に重要になります。適切に管理しして、食事を制限できていればダイエット効果は大きいです。

しかし、無理な食事制限をすれば、体調を崩し健康に悪影響を与えます。

特に症状として現れるのが頭痛です。ダイエットと頭痛は関係ないように思ってしまいますが、実は深く関係していています。

ダイエットから起こる頭痛の仕組を理解して、正しいダイエットを行ないましょう。

ダイエットで頭痛が起きるメカニズム

糖質制限を制限すると脂肪が燃える

体脂肪をを減らしダイエットを成功させるには糖質を制限するのは有効です。

まずは、糖質制限をするとなぜ体脂肪が減るのかを理解しましょう。

私達が、体を動かす為に必要な栄養素はたんぱく質、脂質、炭水化物(糖質)の3つです。この3つの栄養素は、エネルギーとして使われる優先順位が決まっています。

最も優先的に使われるのが炭水化物(糖質)です。

糖質は、食事から摂取すると最も早くエネルギー変換されて利用されていきます。しかし、消費するエネルギーより摂取エネルギーが多いとどんどん体に蓄積されていってしまし、脂肪がエネルギーとして使われません。

そこで、糖質の摂取量を減らすことで、積極的に脂肪からエネルギーを作るようにすることで体脂肪が減るのです。

低血糖が頭痛を引き起こす

糖質を制限することで脂肪が減る仕組が分かって頂けたかと思います。

しかし、早く減らしたいからと極端に糖質を制限してしまうと低血糖という症状が現れます。この低血糖症が頭痛と関係しているのです。

脳は多くのエネルギーを必要とします。脳は糖質からのエネルギーしか使われないと言われています。そのため、糖がなくなると危険信号を出すようにプログラムされており様々な症状が現れます。

代表的な症状が頭痛です。軽い症状であればすぐに回復しますが、重い症状だと意識を失う場合もあり注意が必要です。

頭痛を起こすNGダイエット例

炭水化物を一切食べない

早く脂肪を落としたいから「今日から一切糖質を取らない」というようなダイエット方法では、低血糖を起こし頭痛を引き起こしてしまいます。

急激な糖質制限は控えましょう。自分の体重や活動量から必要な糖質を計算して適切に管理しながら行ないましょう。

ストレスを貯め込む

ダイエットでは、いつも食べていた物が食べられないストレスが溜まります。また、仕事や人間関係でも少しずつストレは溜まってしまいます。

あまりにストレスが溜まり過ぎると、交感神経が刺激されこうふんした状態が続き頭痛を引き起こしてしまいます。ストレスが溜まったら好きな物を食べる日を作りストレスを解消するのも有効です。

短期的に痩せようとせず、長期的に痩せることが健康にも良いです。

Pocket