Pocket

ゴルフスイング

ゴルフスイング

「レッスンを受けているのに講師に教えらたようにスイングできない」

「スコアが伸びない」

「上達しない」

この原因は3つの関節の動きがスムーズにできていないからです。

もちろん、今までの癖が強いせいで良いフォームが、身につかないということもあります。でも、その前に体の動きがスムーズでなければ正しいフォームは完成しません。

そこでゴルフのスイングをするうえで重要な関節を紹介したいと思います。

【ゴルフに重要な関節①】股関節

股関節がしっかり動く

股関節がしっかり動く

まず、重要になるのが股関節の動きです。

【股関節は下半身と上半身の連動に関係】

股関節は、下半身の力を上半身に伝えるために大きな役割を果たします。テークバックからフォロースルーまで、腰の回転だけだと思っている方は間違えです。股関節の動きがなければ体を大きく捻じることができません。

試しに次のことをやってみて下さい。

・椅子に座った状態で後ろを振り向く

・両足で立っている状態で後ろを振り向く

どちらが向きやすかったですか?

よほど股関節が硬い人でない限り、立っている状態の方が向きやすいと思います。

【プロゴルファーも股関節でスイング】

プロやうまい方のスイングを見てもらうと分かると思います。テークバックの時にお尻は少し前方を向く。フォロースルーの時にはお尻が後方を向いている。この状態になっていれば、股関節がしっかり動いている証拠です。

【ゴルフに重要な関節②】背骨

背骨の動き

背骨の動き

背骨は上半身を捻る際の要になます。腕まで力を伝える重要な役割をしています。

【姿勢の悪さがスイングに影響する】

背骨が猫背になっている。背骨が左右に傾いている。このような姿勢が歪んでいる状態では、当然スムーズな動きはできません。腰痛や背中の故障の原因にもなります。

背骨に歪みがあると、筋肉も硬くなってしまうので、せっかく持っている力を十分に発揮できなくなります。

【ゴルフに重要な関節③】肩甲骨

柔軟な肩甲骨

柔軟な肩甲骨

肩甲骨は腕を振る範囲やスムーズな動きに関係してきます。

【肩甲骨の柔軟性が力みのないスイングに】

テークバックする際は、片側の肩は後ろにもう一方は前にでます。フォロースルーの際は逆になります。この肩の動きを自然に行うためには肩甲骨の柔軟性が必要です。

肩甲骨が硬くてスムーズに動かせなければ、うまくこの動きができません。すると、無駄な力が入ってしまい力んだスイングになってしまいます。

肩甲骨が柔らかくなるだけで飛距離が伸びる。ということも実際にあります。

柔軟に肩甲骨が動くということはゴルフのスコアアップに非常に大切です。

 

スイングには関節の動きと連動性が重要

股関節、背骨、肩甲骨という関節がゴルフのスイングに大切だということが分かって頂けたでしょうか。

関節がスムーズに動く状態というのは、筋肉や神経も正常に働いている状態となります。感覚や動きが正常であれば、正しいフォームも早く習得できると思います。スコアアップも期待できるのではないでしょうか。

カイロプラクティックの施術では関節の歪みを整え動きをスムーズにします。

動きが硬いと感じた方は一度体験してみてはいかがでしょうか。

 

by 金沢市有松にあるカイロプラクティックFix

Pocket