Pocket

「頭痛で仕事ができない」、「頭痛で寝込んでしまう」という場合に、頭痛薬を飲んで一時的に頭痛を和らげるのは有効的です。

しかし、軽い頭痛や慢性的な頭痛で頻繁に頭痛薬を飲んでいると、更に酷い頭痛に悩まされる可能性があります。

頭痛の辛さを解消しようと頭痛薬を毎日のように飲んでいるのにいっこうに良くならないという方は、本来の頭痛の原因による症状ではなく頭痛薬の飲み過ぎによる症状の可能性が高いです。

頭痛薬の頻繁的な使用が起こす薬物乱用頭痛

片頭痛や緊張型頭痛などの頻繁的に頭痛を感じている方が、頭痛薬の頻繁的な服用でかえって頭痛の症状が酷くなるようになった状態を「薬剤の使用過多による頭痛」と言います。

簡単に入手できる市販薬の使用過多が多いですが、医師に処方された頭痛薬も頻繁に使用していると起こります。

次のような症状が当てはまる方は薬物乱用頭痛の可能性が高いです。

■頭痛薬を月に10日以上飲むことがある

■月に15日以上頭痛で悩ませれている

■薬を飲み続けているのに頭痛の症状が以前よりひどくなった

■始めは薬を飲んだら頭痛が治まったのに最近は頭痛が治まらない

■以前より頭痛が起きる回数が増えた

なぜ頭痛薬を頻繁に飲むと頭痛が辛くなるのか

頭痛薬を飲む最初のきっかけは酷い頭痛を和らげたいということから始まります。

薬を飲まなければいけない程辛い頭痛を経験すると、もう同じような辛い頭痛をあじわいたくないという心理状況になります。すると、軽い頭痛を感じた時点で予防的に頭痛薬を飲むようになり、使用回数・使用量が次第に増えていってしまいます。

頭痛薬を頻繁に服用していると、脳が痛みに敏感に反応するようになります。こうなると、今まで感じなかった痛みも感じるようになり、頭痛を感じる回数が増え、頭痛薬の効き目も落ちてしまうのです。

薬物乱用頭痛を解消するには

頭痛薬の使用過多による頭痛を解消するためには、頭痛薬の使用を思い切ってやめることです。頭痛薬の使用をやめて2ヶ月程で、頭痛薬が原因となっている頭痛は解消されていきます。

ただし、頭痛薬を中止すると反動で、激しい頭痛におそわれたり、吐き気や、めまいがおこる可能性もあります。頭痛薬が原因だと思った場合は専門の医療機関に行き相談することがおすすめです。

頭痛薬をやめた反動で起きた症状にも、適切に対処することが出来るので心配なく頭痛薬の依存から抜けだせると思います。

頭痛薬による頭痛がなくなっても、元々あった頭痛は残ることが多いです。これは、片頭痛や緊張型頭痛が多いと思いますので、適切な方法で根本的な原因を改善する必要があります。

頭痛薬の使用過多による頭痛を防ぐためには

頭痛が酷い時に、一時的に和らげる為に頭痛薬を服用するのは問題ないと思います。

しかし、日頃から頭痛が起こらないように予防的に頭痛薬を飲んでいると、高確率で頭痛薬の使用過多になってしまします。特に、入手しやすい市販の鎮痛剤を予防的に飲むのは控えましょう。

頭痛が起きたら、まずは原因がなんなのか医療機関で調べてもらうことがおすすめです。病気などが原因になっていれば病院で適切な治療を受けることができますし、むだに薬を飲む必要がありません。

緊張型頭痛だと言われた場合には、肩こりや首こりを解消することで薬を飲む必要がなくなります。自分で運動やストレッチで解消することもできます。

自分で解消することができなければ、カイロプラクティックを受けることをおすすめします。姿勢の悪さを調整して、首こり、肩こりを和らげることで頭痛の悩みから解消される方は多いです。

Pocket