Pocket

頭痛やめまいでも薬に頼らない

頭痛やめまいでも薬に頼らない

頻繁に起る頭痛やめまいに悩まされていませんか?

頭痛が酷い日だと吐き気もする。

体調がすこぶる悪い。

そんな日も時々あるのではないでしょうか。

頭痛を常に感じなら過ごすのは辛いのです。

薬に頼ることが増えてくるのではないかと思います。

しだいに頭痛薬を毎日飲んでしまうようになると、
使用量が多くなりと脳が痛みに対して敏感になります。

本来感じない小さな痛みでも頭痛を感じるようになります。

本来痛みを緩和してくれる薬が頭痛やめまいを引き起こす薬
に変わってしまいます。

頭痛やめまいを薬に頼らず改善するためには、
何をすべきか紹介したいと思います。

頭痛・めまいは首の歪みから起る

頭痛やめまいがする

頭痛やめまいがする

頭痛は原因がはっきりと解明されていない部分もあります。

頭痛やめまいで吐き気を伴うときには、
脳に重大な病気を起きている場合もあります。

簡単に判断せずまずは病院で検査を受けましょう。

それで、脳に異常がないと言われれば、
別の原因があります。

病院で検査した結果病気が見つかると言うのは少数です。

何も異常がなかった方が大半ではないでしょうか。

異常がないとい言われたのに頭痛やめまいがあるのは、
とてもすっきりしないと思います。

では何が原因になっているかというと、
「首の歪み」であることが多いです。

頭痛は血管が過剰な収縮と拡張をすることによって、
発生するといわれています。

血管の収縮と拡張をコントロールしているのが、
自律神経です。

内臓や血管をコントロールする自律神経は、
頭や首、背骨と密接に関係しています。

そのため首に歪みがあったり、
首の筋肉がガチガチに固まっていると、
自律津神経が正常の働きを保つことが難しくなります。

すると頭痛やめまい、吐き気などを感じるようになります。

 

薬の常用が頭痛を深刻に

頭痛薬の常用でさらに頭痛がひどく

頭痛薬の常用でさらに頭痛がひどい

具体的な頭痛の改善方法に入る前に、
頭痛薬の使用について話しておきます。

どうしても頭痛やめまいが酷いときに、
頭痛薬を飲めば痛みが緩和されて楽になると思います。

手軽で即効性があり有効だと思います。

しかし、楽にならからと言って常用すると、
逆に頭痛が深刻になる可能性があります。

薬はどのように頭痛に作用しているのでしょうか?

これを知る前に頭痛が起るプロセスを知っておきましょう。

頭痛が発生するプロセスと頭痛薬の作用

炎症などで痛みのもととなる物質がつくられる
   ↓
痛みの物質が脳に神経を伝って脳に送られる
   ↓
脳が痛みを感じる

このような流れで頭痛を感じます。

このときに頭痛薬はどのように作用するのかというと、

炎症を止めて痛みの物質を出さないようにする

痛み情報が脳に届くまえにブロックする

というのが一般的です。

これはホースから水が出るのを止めるのに、
ホースを途中で摘んで止めているようなもんです。

そして、薬にはデメリットもあります。

頭痛薬のデメリット

頭痛薬を服用し続けることで、
次第に頭痛に敏感な体質になります。

今までは我慢ができる程度の痛みでも、
頭痛薬を飲まなくてはいけない。

というように頻繁に激しい痛みに感じるようになります。

これは、薬物乱用痛と呼ばれており近年問題になっています。

週に3回以上服用する状態が続いているようであれば、
気を付けたほうがいいです。

また、頭痛薬には副作用として胃炎になる可能性があります。

空腹時に飲んではいけないとか胃薬を一緒に処方される、
というのはそのためです。

頭痛のせいで他の症状が増えたり薬が増えるのです。

これでは頭痛を解消することはできませんよね。

ですので、薬以外の対処法を知っておくこと、
頭痛がおこりにくい体質を目指すことが大切です。

頭痛・めまいの改善方法

頭痛がすっきり

頭痛がすっきり

頭痛やめまいがおきたらどう対処したいいのか、
どうやったら起りにくくなるのかを紹介します。

頭痛がおきてしまった

1.ズキズキ痛みを感じる部分を冷やす

痛みを感じるところを冷やす

痛みを感じるところを冷やす

炎症により痛みを感じると言われています。

シャワーや湯船につかるなどで温めて血管を拡張すると、
余計に悪化することもあります。

痛みを抑えるために冷やして炎症を抑える方が、
効果あることが多いです。

こめかみなどの痛みのある部分を、
氷水などで冷やします。

冷やすことで血管の拡張を抑え、
痛みが和らぐ可能性があります。

2.コーヒーを飲む

コーヒーを飲んで頭痛を抑える

コーヒーを飲んで頭痛を抑える

コーヒーや紅茶などに含まれているカフェインは、
脳の血管を収縮させる作用があります。

コーヒーや紅茶を飲んで一休みすると、
頭痛が緩和される可能性があります。

ただし、飲みすぎは逆に頭痛を起こす恐れがあるので、
くれぐれも過剰摂取はやめましょう。

頭痛がおきにくい体質に

1.栄養バランスの良い食生活

バランスの良い食事

バランスの良い食事

できればバランスの良い献立の食生活をしましょう。

1食しか食べない、
間食で甘いものばかり食べているではダメです。

特に甘いものを頻繁に食べていると、
血糖値の上下動が激しくなり、
頭痛を感じやすくなります。

血糖値も頭痛に関係してくるので、
野菜や大豆類などから食べるようにして、
急激な血糖値の上昇を防ぎましょう。

2.良質な睡眠をとる

良質の睡眠

良質の睡眠

睡眠不足は頭痛になります。

また、寝すぎも頭痛につながります。

だいたい6~8時間の睡眠が理想とされています。

時間も大切なのですが睡眠の質の方が大切です。

8時間寝たつもりでも睡眠が浅いと、
寝れていないのと同じです。

良質な睡眠をとるようにしましょう。

3.気持ちい良い運動をする

気持ち良く運動をする

気持ち良く運動をする

いつも同じ姿勢で仕事をしていたりすると、
筋肉が固まり血液の循環が悪くなります。

血液循環が悪くなることで、
頭痛が引き起こされることもあります。

運動をすることで筋肉がほぐれて、
血流が良くなるので効果的です。

アスリートのような激しい運動をする必要はありません。

習慣にできるくらいの気持ち良い程度で運動しましょう。

4.体の歪みを改善する

体の歪みを整える

体の歪みを整える

はじめにもいいましたが首の歪みは、
炎症を促し頭痛の物質を発生させる可能性があります。

そして自律神経を乱すきっかけにもなります。

首だけが歪むということは少なく、
骨盤や背骨全体で歪みが起きていることが多いです。

骨格のバランスを整えて、
頭痛の感じにくい体質に変えましょう。

まとめ

今まで薬に頼って頭痛を抑えてきた。

でも、いっこうに良くならない。

それよりも、いっそう症状が悪化してきた。

そう感じる人は、
ぜひ薬に頼らない方法をとると良いのではないでしょうか。

一気に頭痛薬を辞めるのはなかなか難しいと思います。

でも、今回紹介した対策をしていってもらえると、
少しずつ症状は良い方向へ向かうと思います。

これをきっかけに頭痛が減るとうれしいです。

 

by 金沢市の整体院カイロプラクティックFix

Pocket