Pocket

足の甲が痛む

足の甲が痛む

足の甲の痛みや、足の裏の痛みなど、足に関する痛みや痺れを感じる方は多いです。

今回は「足の甲に痛みある」と理由で当院に来られた方の原因と改善方法を紹介します。

足の甲が痛い金沢市の50代 男性

今回紹介するのは、金沢市の50代の男性です。

この方の症状は、左足の甲の小指側痛み痺れを感じるという状態でした。

痛みや痺れを感じるのは、立っている時や歩いている時や寝返りをした時などということでした。

足の甲を押すと痛みがある

足の甲を押すと痛みがある

姿勢を確認すると身体が傾いていた

姿勢を確認して見ると、少し左に傾いている状態で、通常時よりも左の腰に負担が増加していました。

実際にご本人も常に腰痛を感じているということでした。

詳しく腰の検査をしてみると、痛みがあり、足の痛みが強くなるという反応もありました。

これらのことから身体の歪みや筋肉の緊張によって、坐骨神経が刺激されていると判断しました。

坐骨神経が刺激されて痛みを感じる

坐骨神経が刺激されて痛みを感じる

施術で坐骨神経への刺激を和らげる

施術では、左に傾いた姿勢を整える為に背骨と骨盤の調整を行いました。

坐骨神経への刺激を和らげるために、臀部と腰の凝り固まった筋肉をしっかりとほぐしました。

施術後は足の痛みが和らいだ

その後、足の甲をもう一度押さえてみると、痛みを感じなくなっていました。立ってみても、腰を動かしてもらっても痛みを感じない状態になりました。

施術直後の状態では痛みを感じないようになりましたが、日頃の姿勢が悪ければ、また同じような痛みを感じることになります。

脚を組んで座る、片足にだけ体重をかけて立つなど、姿勢が歪むような動作をしない事が大切です。

それができないようであれば、硬くなった筋肉を伸ばすストレッチや、体を安定させる筋肉をつけるということを、日頃からしてくことが大切です。

Pocket