Pocket

辛い肩こりと首こりの改善事例を紹介

肩・首・背中の痛みで寝れない日もあるという理由で来院されたKさん30代の女性です。

【症状】

この方は、職業がネイリストということで下向きでの細かい作業が長時間になるということでした。

一番辛い症状は、左の肩甲骨から首にかけての痛みです。ここの痛みが強くなると夜眠れない日もあるそうです。

更に、背中全体が重いことと、右の鎖骨あたりに凝りをかんじて呼吸が苦しく感じるという状態でした。

このような症状で接骨院に週2回のペースで通っていたが改善の兆しがみられなかったということでした。

【検査】身体の状態を確認

右肩が下がり、背骨が左に傾いている

猫背になり顔が前に出ている

左肩甲骨の痛みの原因

背中の写真をみると腰から首の根元辺りまでは左に傾いていて、首から頭にかけては右に傾いていました。この歪みによって左側の背中の張りが強くなり、左肩甲骨のあたりに痛みを感じているようでした。

左肩の可動域は、正常な可動域よりも減少していて大円筋、小円筋、棘下筋といった肩甲骨の周りの筋肉の緊張が強くなっているのも原因になっていました。

首と背中の痛みの原因

横からの写真をみると、お尻が下がり猫背になって顔が前にでているのがわかります。このような姿勢になっている事で、背中から首にかけて筋肉が緊張している状態になっていました。

首に関しては、頚椎の前カーブが少なくなっていて上を向く可動域がかなり減少していました。顔を上に向けてもらうと首に強い痛みを感じるという状態になっていました。

【施術】姿勢の改善を行う

猫背と首のカーブを調整

骨盤が後傾している事で猫背の姿勢になりやすい状態だったので、まずは骨盤の位置を正常にする矯正を行ないました。

背骨に沿って付いている筋肉が緊張していたので、筋肉をほぐし猫背の矯正を行ないました。

肩甲骨周りの筋肉の緊張をほぐす

左の大円筋、小円筋、棘下筋が緊張して硬くなり肩甲骨の動き悪くしていたので、これらの筋肉を中心として筋肉をほぐし肩の動きの改善を行ないました。

【施術後】肩・首の痛みが和ぎ呼吸が楽になった

週に1回のペースで6回の施術を行ないました。

背中の写真では、初回のときとは違い背骨の傾きがなくなり身体が真っ直ぐになりました。横からの写真では、初回とは違い猫背が改善され耳と肩のラインが揃っています。

姿勢が良くなったことで背中、肩、首の筋肉が凝り固まることが少なくなりました。辛い悩みだった、眠れないような痛みが出ることはなくなり、呼吸がしやすい状態が続くようになっていました。

 

まとめ

今回の症状では、6回の施術で姿勢が改善され症状が緩和される状態までいけました。

猫背や肩こりは、1度良くなっても生活習慣で再び悪い状態になってしまいます。日頃からの身体のケアが重要になります。

再び辛い痛みを感じたくない方は、家でのストレッチや定期的に施術を受けることをおすすめします。

Pocket