Pocket

膝が痛くて走れない金沢市の40代 男性

走るなどの運動をすると膝に痛みが出るという理由で来院された金沢市の40代の男性です。

元々、左右の膝に不安を抱えており、最近になって走ると左膝の痛みが酷くなるということが起きたそうです。

ランニングやフットサルを定期的にされているのですが、少し走ると足を引きずらなければ動けないくらい痛くなる
ということでした。

身体の状態を確認すると原因は太ももの前側

左膝の状態を詳しくみてみると、関節に水が溜まっていたり、靭帯が損傷している、関節がロックされるというような症状はみられませんでした。

では今回の場合はどこに原因があったかというと、太ももの前側にある大腿四頭筋が硬く緊張していることでした。

膝を曲げる動きにかなりの制限があり膝に痛みも出ていました。

施術前の姿勢

施術前の姿勢

この方の立ち姿勢は、少し膝が屈曲した状態で骨盤が後傾してお尻が下がり、背中が曲がっている状態でした。

このような姿勢をしていることで膝にかかる負担が大きく、大腿四頭筋(太もも前側の筋肉)が緊張している状態でした。

仙腸関節の調整と大腿の筋肉を緩めて改善

太ももの筋肉を緩めただけではすぐに膝の痛みが再発してしまうので、骨盤の調整と姿勢の改善を目標に施術を行いました。

施術前にあった痛みがスッキリ

仙腸関節がスムーズに可動するように調整し、太ももの筋肉を緩めたことで膝も少し伸びるようになりました。

施術前には膝を屈曲させると痛みがあったのですが、施術後には痛みを感じなくなりました。

施術後の姿勢

施術後の姿勢

しゃがむ動作や少し歩いてもらっても痛みを感じないようでした。

まだ、完璧な状態ではないですが、姿勢と膝の屈曲がもう少し改善されると楽しくスポーツができるかと思います。

Pocket