Pocket

腰痛は、
激しい運動をした、
重い物を持った、
腰をぶつけた、
など特別なきっかけがなくても起きます。

腰痛で悩んでいる多くの方は、
特別何かした覚えはないと思います。

腰痛は、
生活習慣のなにげないことが原因で起きることの方が多いのです。

ここでは、腰痛の原因となる生活習慣を紹介します。

【腰痛になる生活習慣1】長時間のデスクワーク

仕事がら一日中椅子に座ってデスクワークをしていると、
腰痛になりやすいです。

重い物を毎日運ぶような仕事と同じくらい、
腰痛になる可能性が高いです。

腰への負担は、
立っているときよりも、座っている時の方が大きいのです。

更に、パソコンに集中していると、
徐々に顔が前に近ずき体が丸まってくると思います。

このような姿勢になると、
腰椎(腰)の前カーブがなくなり、
骨盤が後傾する様に歪むため、
筋肉や関節へのダメージが増えて辛い腰痛になってしまいます。

逆に、体をのけぞらせる様に、
椅子に座っている方もいらっしゃいますが、
これも腰のカーブの減少と、
骨盤の後傾を促進して腰痛が辛くなってしまいます。

すでに背骨や骨盤が歪んでしまっている方は、
カイロプラクティックで調整する必要があります。

少しでも腰痛を防ぐためには、
1時間に一度は立ち上がって、
トイレに行ったりストレッチをするといいでしょう。

また、座り方に気を付けるだけでも違います。

背もたれに背中を密着させるように深く座り、
骨盤を立てておくことで腰痛を防ぐことができます。

【腰痛になる生活習慣2】椅子に座る時に脚を組む

癖になっている方は、
椅子に座ったら必ず脚を組まなければ、
落ち着かないと思いますが、
これも腰痛の原因となります。

骨盤や背骨、筋肉に問題の無い人であれば、
両足がしっかりと床についた状態で、
正面を向いて座ることが、
骨格にも筋肉にも最も負担が少なく、
楽に座れるはずです。

脚を組んで座るというのは、
無意識ですが、
体が捻れてしまい腰への負担が増えてしまうのです。

例えば、右脚を上にして脚を組みます。

脚を上げることで右の骨盤は後ろに倒れます。
右の骨盤が少し前方へ動き、
左の骨盤よりも右の骨盤が高くなります。

自然と背骨は骨盤の動きに合わせて、
腰から左に倒れ、左に回旋(捻れ)します。

この状態で正面を向くので、
背中の上の方から首にかけて、
右に倒れ、右に回旋(捻れ)ます。

言葉だけでは創造しにくいかもしれませんが、
脚を組むというささいな動作で、
背骨や骨盤はバランスをとるために、
少しずつ捻れを起こします。

腰は上半身を支える為に、
大きな負担がかかっているのですが、
捻れが起きて不安定になっているため、
筋肉や関節に更に重い負担になります。

【腰痛になる生活習慣3】日常的に運度をしていない

腰は体を支える要で、体重のほとんどを支えています。

負担の多くを背骨で支え、
背骨だけでは不安定な部分を、
筋肉や靭帯で補っています。

その為、日常的に運動をする習慣がないと
腹筋や背筋といった腰を支える筋肉が衰え、
腰痛が起こりやすい体になってしまいます。

また、運動による刺激を体が受けないと、
骨が弱くなることがわかっています。

カルシウムやビタミンDを、
しっかり摂取していても運動がなければ、
骨を強くすることができません。

骨が弱くなり骨粗鬆症になると、
大きな負担のかかる背骨は耐えきれず、
圧迫骨折を起こす可能性も高まります。

辛い腰痛にならない為には、
軽い運動でもいいので習慣にましょう。

【腰痛になる生活習慣4】古い(柔らかい)マットレスを使っている

人間は1日の3分の1程度は睡眠につかっています。

多く時間を睡眠につかっているので、
良い環境で寝ていなければ腰痛になります。

柔らかいマットレスや、
古いマットレスは、
弾力がなく体重を支えることができません。

仰向けで寝た状態で、
一番重さがかかるのがお尻や腰です。

腰が深く沈んでしまうと、
体がくの字に曲がってしまい、
腰のカーブがなくなってしまいます。

この状態が6時間ほど続けば、
朝から腰が痛いという体になってしまいます。

腰痛を防ぐには、
しっかりと弾力があり、
体が沈み込まない寝具を使いましょう。

【腰痛になる生活習慣5】片側にバックを持つ

これは女性に多いのですが、
カバンの中が常に物で一杯になっている人は注意しましょう。

特に方肩にかける事で体のバランスが悪くなってしまい
骨格が曲がってしまいます。
一部分の骨格が歪む事で腰への負担も
大きくなってしまいます。

出掛ける際はカバンの中の荷物は
出来るだけ少なくしておいた方が良いでしょう。

【腰痛になる生活習慣6】ハイヒールをよく履く

ハイヒールの様な安定性のない靴をはく事で
足から腰にかけての骨格に歪みを生じてしまいます。

実際にハイヒールを履いている人は分かると思いますが
歩く際に体が安定しないで左右に揺れてしまいます。

これが日常的に続いてしまうと腰痛を発症させてしまいます。

Pocket