Pocket

腰痛の時にコルセットをする

腰痛の時にコルセットをする

ギックリ腰などの腰痛で整形外科や接骨院に行くと、コルセットの着用を勧められる。または、慢性的な腰痛でカイロプラクティックや整体に行くと、骨盤ベルトを勧められる。このように勧められて、実際に着用すると腰が楽になる人もいれば、余り効果を感じない、という人もいると思います。

これは、症状によって有効な場合とあまり効果がない場合があるからです。また、使い方が間違っていたりすると、意味がない場合もあります。

今回はコルセットや骨盤ベルトの使い方、それぞれのメリット・デメリットなどを、紹介したいと思います。

骨盤ベルトとコルセットの違い

腰痛コルセットは、腰椎をサポートして、腰の動きを制限します。お腹を締めるように巻、腰を固定します

骨盤ベルトは、腰のサポートはなく骨盤だけをサポートします。骨盤を閉めるように巻くことで骨盤を安定させます。

更に詳しく違いを紹介していきます。

腰痛コルセット

腰痛コルセット

腰痛コルセット

「腰が痛くてコルセットをしてる」というのを1度は聞いたことありますよね。腰痛の時に腰をサポートして、痛みを緩和するポピュラーなお助けアイテムです。

コルセットの目的

コルセットの本来の役目は、腰の動きを制御して体幹を安定させることです。ただ、巻いていたら筋力が落ちるとか、巻いても腰痛は治らないとか、色々な噂を聞くと思います。実際はどうなんだ?と気になりますよね。

腰痛コルセットは3種類

コルセットにも3つの種類があります。

1.簡易コルセット

一般的に使用されている簡易のコルセットです。腰痛ベルトと言われることもあります。

整形外科や接骨院などで、処方されることもありますし、ドラッグストアなどでも簡単に入手できるタイプです。つけたり、はずしたりが簡単にできるタイプで、メッシュ素材や布素材で作られています。日常的に使いやすくなっています。

腰の動きを制御する力は一番弱いです。

2.軟性コルセット

簡易のコルセットよりも厚手に作られていてしっかりしています。

簡易の物とは違いサポート生地の内部にバネや金属が埋め込まれている為、腰の動きを制御する力が強いです。医療機関では、その人の体に合わせてオーダーメイド製作されます。腰椎のヘルニアや腰椎分離症など、背骨が動くと痛みが出たり、悪化したりする可能性が高い時に、使用されることが多いです。

硬性のコルセットのように、完全に動きが制御されないので、多少腰を曲げることもできます。

3.硬性コルセット

日常生活での腰の動きを完全に制限する為に使われます。

素材はプラスチック、セルロイド、金属などが使われます。外科治療用に使用されるので、義肢装具士が一人一人に合わせてオーダーメイドで作ります。

圧迫骨折などの手術後、腰椎を固定しなければいけない期間に使用されます。

腰痛ベルトのメリット

【腰痛ベルトのメリット①】関節の動きを制御

ギックリ腰などの急性的な腰痛では関節に炎症が起ります。炎症がある状況では、腰を捻ったり動かしたりせず安静にしているほうが回復が早いです。アイシング後、コルセットをして安静にするとことで炎症が早く引く可能性があります。

【腰痛ベルトのメリット②】保温効果

お腹や腰を厚めの生地で覆うので、お腹や腰を温める効果が期待できます。冷えると痛みが出ると言う方にはいいかもしれません。

【腰痛ベルトのメリット③】力仕事をするときに腰を保護

コルセットをすることで腹圧が高まるので体幹が安定します。体感が安定すると腰を抜かす、といった腰のけがを避けることができます。また、腰椎が動かないので直接腰にかかる負担も減らすことができます。

【腰痛ベルトのメリット④】姿勢が良くなる

腰が曲がらないようにサポートするので姿勢を良く見せることができます。いつも腰から丸まっている姿勢をしている方には効果があると思います。また、腰痛の原因が腰から背骨が曲がっていることであれば、付けている間は腰痛が緩和されると思います。

腰痛ベルトのデメリット

【腰痛ベルトのデメリット①】慢性腰痛の改善には効果なし

コルセットをしていることで、腰痛が治ると思っている。これは、残念ですが改善することはないです。コルセットはあくまで腰の動き制限することです。

腰を曲げる動きを制限して痛みを防ぐ。骨折後に骨をしっかり固定する。という時に使うものです。

ギックリ腰も、慢性的な腰痛も、原因があります。固定しているだけでは原因が改善されるわけではありません。原因を改善しなければ痛みは残り続けます。

【腰痛ベルトのデメリット②】筋力低下を早める

コルセットは痛んだ筋肉や骨に負担を加えないようにサポートします。サポートされた筋肉は、いつもより負荷が少ないので活動も減ります。つまり、なまけている状態になります。

短い期間であれば、さほど筋力が低下することはないです。しかし、長期に渡って長時間使用すると筋力が低下する可能性があります。筋力が低下してしまうと、腰が不安定になり、腰痛になりやすくなります。

コルセットの使用は、骨折が回復するまで、炎症が治まるまで、にしましょう。

骨盤ベルト

骨盤ベルトのメリット

【骨盤ベルトのメリット①】肩こり・腰痛の痛みを緩和する

骨盤ベルトをすると骨盤が安定します。骨盤が安定すると背骨も左右へ傾くことが軽減されます。結果、腰の負担が減り腰痛が緩和されます。

 

また、骨盤と背骨が安定することで首や肩への負担も減ます。腰痛だけでなく、肩こりが和らぐこともあります。

【骨盤ベルトのメリット②】姿勢が良くなる

骨盤ベルトの一番のメリットは姿勢が良くなることです。骨盤がしっかり立つことで、座っているときの姿勢。立っているときの姿勢。動いているときの姿勢。が良い姿勢になります。腰の筋肉や骨はサポートしないので筋力が低下するという心配も少ないです。

【骨盤ベルトのメリット③】 産後の不安定な骨盤をサポートする

産後は骨盤が開いてしまうことで、不安定な状態がしばらく続きます。この期間、骨盤は歪みやすい状態です。悪い姿勢を続けたり、無理をしてしまうと、その後腰痛などの症状が出やすくなります。産後1年ほどは骨盤ベルトを着用して骨盤を安定させておくのがよいです。

骨盤ベルトのデメリット

【骨盤ベルトのデメリット①】筋力が低下する

腰はサポートしていないので、腰痛コルセットのように腰の筋力が低下することは少ないです。ただし、骨盤を安定させる為の筋力は、低下する可能性があります。

【骨盤ベルトのデメリット②】下半身の血流が悪くなる

骨盤の位置で強く締めすぎてしまうと、脚への血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると、脚が冷えてしまったり、疲れやすくなったり、ということを感じやすくなります。ただ、骨盤ベルトを閉める強さや、付ける位置を気をつけていれば心配することはありません。

骨盤ベルトとコルセットどっちを使う?

症状別に使い分ける

コルセットと骨盤ベルトがどんなものか。メリット・デメリットは、分かって頂けたかと思います。私の場合はどっちを使えばいいの?という疑問が残ると思います。

次は症状別にどちらを使えばいいのか紹介します。

【症状①】ギックリ腰

ギックリ腰に起きた直後から3日目くらいまでは炎症による痛みがあります。

炎症を抑えるためには、アイシングと安静がいいです。腰を安静に保つならコルセットです。炎症が治まった後は、腰の筋力を落とさないようにすることが大切です。少し不安があるなら、腰の筋肉が落ちにくい骨盤ベルトに変えましょう。骨盤をサポートしながら、根本的な歪みの改善や運動などを行いましょう。

【症状②】慢性的な腰痛

骨盤が後傾するなど、骨盤が不安定なことが多いので、骨盤ベルトを使用するといいです。コルセットは楽かもしれませんが、毎日付けていると筋力が弱る可能性があるので、気をつけましょう。

【症状③】坐骨神経痛

お尻の筋肉が原因になって痛みがでることが多いです。姿勢が悪く片足立ちになったり、骨盤が倒れていたり、するとなりやすいです。なので骨盤ベルトで骨盤を安定させると症状が緩和することがあります。

【症状④】圧迫骨折

腰椎の圧迫骨折であれば、絶対に動かさない方がいいです。医療機関で処方された、コルセットを使用しましょう。骨盤ベルトではサポートが弱すぎます。

【症状⑤】産後の腰痛

産後は骨盤が開いている。骨盤が歪んでいる。このようなことが原因で腰痛になることが多いです。骨盤をしっかり閉めて安定させることで、腰痛が緩和する可能性があります。骨盤ベルトの使用がおすすめです。

骨盤ベルトやコルセットで腰痛は改善しない!

骨盤ベルトやコルセットをしていると痛みを感じなくなるかもしれません。すると、そのままつけていれば「腰痛が治るんじゃないか」という気になってしまいます。

でも、この2つはあくまでサポートアイテムです。治すアイテムではありません。

腰痛を改善するためには、根本的な原因を改善しなければいけません。一時的にしのぐには良いアイテムです。頼りすぎには気をつけましょう。

まとめ

コルセットも骨盤ベルトも、使い方が合っていれば効果が期待できます。ただ、体を改善するためのアイテムではないので頼りすぎには気をつけてください。

腰痛やぎっくり腰が頻繁に起きる人は、上手にコルセットや骨盤ベルトに頼りながら、根本的な改善にとりくみましょう。

 

by 金沢市の整体院カイロプラクティックFix

Pocket