Pocket

腰痛を改善するには腰を反らす?

腰痛を改善するには腰を反らす?

腰痛を改善するために様々なトレーニングやストレッチが考案され広められています。腰痛の方はいくつか試したことがあるのではないでしょうか。

でも、様々な改善方法があるので、「私はどれをしたらいいの?」となる方もいるのではないでしょうか。

今回は、腰痛の改善方法で、「腰を反らすほうが良いのか腰を丸めるほうが良いのか」ということに絞って説明したいと思います。

せかっく腰痛の改善方法を行うのであれば、より効果が望めるものが良いと思います。逆に悪化させるようなことはしたくないですよね。

腰痛の時に腰を反らす方が良いのか?悪いのか?

一昔前までは腰痛がある時は、動かさずに安静にしていた方が良い。腰を反らすのは危険だ。と言われていました。

しかし、現在では腰痛を改善するのに必要以上の安静は良くないと言われています。腰痛に対して過保護になるのは良くないことです。

腰痛を改善するために積極的に体を動かしたところです。腰痛改善に効果のある運動や、ストレッチには様々なものがあります。

その中で、1つの疑問があります。

それは、腰を反らす方が良い?腰を丸めるのが良い?ということです。

腰にとって対照的な動きですがどちらのストレッチや運動も存在します。これは腰痛のタイプによって、選択しなければいけないです。間違った方法をしていると、逆に腰痛が悪化してしまう可能性もあります。

2種類の腰痛タイプ

背骨は正面から見ると真っ直ぐに見えます。だから、「背骨は真っ直ぐなものだ」と思われがちなのですが横から見た場合には違います。

背骨は横から見るとS字に湾曲(カーブ)しているのが正しいです。腰の部分に関してはゆるく前湾(前カーブ)しているのが正常です。

この腰の湾曲の度合いによって、腰痛を改善する方法が、腰を反るべきか腰を丸めるべきか決まります。

【タイプ1】腰の湾曲が少ない

腰を反る運動が適しているのは、腰の前湾が少なすぎる人です。

【タイプ2】腰の湾曲が強い

腰を丸める運動が適しているのは、腰の前湾が強すぎる人です。

その理由をそれぞれ説明していきます

腰痛タイプ別の改善方法

【タイプ1】腰の湾曲が少ない腰痛は腰を反らす

腰が丸まっている

腰が丸まっている

現代社会では背中を丸めて、腰を丸めて、過ごすということが多くなってきています。これが原因で、腰の前湾は失われやすくなっています。

腰の前湾が失われると、腰にかかる負担をうまく吸収することができません。腰の筋肉が緊張したり、椎間板に偏った圧力がかかります。

すると、ぎっくり腰椎間板ヘルニアになりやすくなります。

腰痛の改善方法

これを防ぐためには腰の前湾を正常な状態に戻す。ということが必要になってきます。

腰の湾曲が少ない人は腰を反らす運動が必要ということになります。

マッケンジーエクササイズなどの腰を反らし、湾曲を取り戻す運動が有効です。

【タイプ2】腰の湾曲が強い腰痛は腰を曲げる

腰の反りが強い

腰の反りが強い

腰の前湾が強すぎる人は、いわゆる反り腰といわれる状態です。

特に女性に多いのですが、ハイヒールを履くことが多かったり、立ちっぱなしで仕事をしていたりという人がなりやすいです。

反り腰になると、お腹がぽっこり出たり太ももが張りだします。外見に影響がでます。また、背骨に大きなストレスがかかり腰椎すべり症や分離症が起りやすくなってしまいます。

腰の前カーブを緩める

反り腰で腰痛を感じている人は、腰を反るようなストレッチをすると、逆に悪化させてしまう可能性があります。
ウィリアムス体操のような腰を丸めるストレッチが有効です。

自分の腰痛のタイプを見極める

どこかが痛いときは、まず原因を見つける事が大切です。自分の腰痛は何が原因なのか知りましょう。自分の腰痛の原因がわかっていなければ、せっかく行っている予防策が意味のない事となるかもしれません。

逆に悪化させることになれば元も子もないです。

腰痛の場合であれば、最低でも腰の湾曲がどうなっているのかを確認しましょう。確認はセルフチェックも可能です。

腰痛タイプのチェック方法

1.壁に踵・お尻・背中・肩・頭を付けて立ちます。

2.腰の部分にできた隙間が手の平1枚分ぐらいであれば正常です。

それよりも広すぎる場合には反り腰です。それよりも狭い場合には前湾が失われている状態です。

腰痛のタイプを見極めて腰痛の改善に役立てて下さい。

Pocket