Pocket

食事で腰痛を改善

食事で腰痛を改善

腰痛の改善方法には、体の歪みを調整する方法や、運動をして筋肉をつける方法、凝り固まった筋肉をほぐす方法など様々なの方法があります。

そのなかでも、一番おろそかにしてしまっている方法があります。

それは食事です。食事は身体の回復に必要栄養を摂取することができます。必要な栄養が摂取できていないとダメージを受けた体を回復させることができません。

ここでは、腰痛の改善に必要な栄養を紹介します。

腰痛の改善には栄養が必要

腰痛は、長時間の同じ姿勢、中腰で重い物を持つ、激しい運動、などがきっかけで筋肉や関節がダメージを受けて起きます。痛んだ筋肉や関節を修復しなければ腰痛が良くなることはありません。

痛んだ体のパーツを修復・強化するには、体の回復に十分な栄養を補給する必要があります

腰痛の改善に必要な食事

1.カッテージチーズ

カルシウムは人間の機能を正常に保つ為に欠かせません。筋肉の収縮と弛緩をコントロールする。骨を丈夫に保つ。
神経の興奮を抑える。このような働きにカルシウムが使われています。

筋肉の柔軟性を保ち、神経の興奮を抑えることから、腰痛の痛みを抑制する効果が期待できます。また、骨を丈夫にする栄養なので、骨粗鬆症で圧迫骨折をしないよう予防する効果もああります。

牛乳や乳製品には、カルシウムが多く含まれています。その中でも、食べやすくカルシウムが多く含まれているカッテージチーズが腰痛の改善におすすめです。

2.干しエビ

干しエビには、グルコサミンといわれる栄養素が豊富です。

グルコサミンは、軟骨や靭帯、腱や細胞間をつなぐ結合組織、など部位で必要とされます。すり減った軟骨の回復にも大きな役割を果たします。

関節を圧迫してダメージを受けている腰痛のには、干しエビなどのグルコサミンが多く含まれる食品を積極的に摂取する事をおすすめします。

3.魚

魚にはタンパク質や脂肪などが多く含まれます。

これらの栄養素は、毛細血管の中で酵素交換がすみやかに行われるようサポートする働きがあります。血液の流れがよくなるため、筋肉の疲労回復を促進し腰痛の改善に約立ちます。

4.玄米

玄米にはビタミンB群が多く含まれています。そのほかにも様々な栄養を含むので栄養価の高い食品です。

ビタミンB群は、血行を促進してくれます。腰痛で筋肉が硬くなり、血行不良を起こしている細かい血管の血行を促進し、筋肉の回復を早めます。

また、内臓の働きを良くしてくれるので、内臓が原因の腰痛の人にも玄米がおすすめです。

5.酢の物

酢の物に含まれる酢酸やアミノ酸は、カルシウムの吸収を助けます。

カルシウムは体内に吸収されにくい栄養素です。酢と一緒にカルシウムを摂取すると、体内で利用されやすくなります。酢の物と乳製品をとる事で、より腰痛の改善が期待できます。

まとめ

普段食べている食事の内容が腰痛と関係ある?と疑問にもった方も多いと思います。

体の不調を良くするには栄養が欠かせません。これは、腰痛の改善にも当てはまります。

人間が元々持っている自己回復機能は、どんな薬よりも優れています。その機能を最大限発揮でするには十分は栄養が必要です。自分の体に合わせてバランスのよい食事をしましょう。

Pocket