Pocket

肩こりのなぞ

多くの肩こりや、首こりの場合は、関節が歪むことで筋肉がこり固まって痛みを感じています。慢性的な肩こりの人は、身体が歪んでいる状態が長く続いているのです。

ところで、こり固まっている筋肉を触られると痛い。あるいは、イタ気持ちいいと感じるのではないでしょうか。なぜ、凝り固まった筋肉は痛みを感じるのでしょうか。

ここでは、肩こりの根本的なことについて紹介します。

肩こりとは

肩こりを感じる男性

肩こりを感じる男性

肩こりの症状は様々

肩こりというのは、首から肩にかけての周囲の筋肉が緊張して、重苦しく感じる状態のことを言います。実際の肩こりの感じ方は様々で、『痛い』、『重い』、『だるい』、『動きが悪い』、『ジンジンする』、『冷たい』、『ピリピリする』、などがあります。

肩こりの原因は様々

また、肩こりを感じるようになったきっかけも、人それぞれです。長時間のデスクワーク、無理な姿勢での仕事、不摂生、運動不足、ストレスなど、様々なことがきっかけとなっています。

1人1人原因が違えば、対処法もその人に合わせた、肩こりの対処方法が必要になります。

肩こりが起きる仕組み

肩こりのメカニズム

肩こりのメカニズム
出典:http://www.taikyo.co.jp/memo/vol2/

首・肩は体重の1割を支えている

首・肩は、頭の重さや腕の重さを支えているため負担が大きい部位です。負担の大きさは体重の1割近くとも言われています。体重が60kgの人であれば常に6kgの物を、支えていることになります。

血行不良が肩こりの始まり

デスクワークや車の運転、スマートフォンの操作などは、姿勢を悪化させ首・肩に掛かる負担を増やします。悪い姿勢で長時間過ごすと、首肩の筋肉が疲労して疲労物質が溜まります。疲労物質が溜まった筋肉は硬くなります。

すると、血管を圧迫して血流を悪くしてしまい、肩こりが始まります。

痛み物質が肩の痛みの原因

血流が悪い状態が続くと今度は、「体が異常事態だ!」ということになり痛み物質が発生します。この痛み物質が神経を刺激することで、肩こりの『痛み』が現れます。

痛み物質が発生して神経が刺激されると、脳が不快感や痛み感じ取りさらに筋肉を疲れさせます。筋肉が疲れてくれば、さらに疲労物質が溜まり痛みを感じるのです。

このように、根本から改善しなければ、悪循環を繰り返し肩こりを慢性化させてしまうのです。

肩こり中の筋肉の状態

筋肉の働き

筋肉の働き

筋肉がなぜ固まるとダメなのか、筋肉はどういう仕組みになっているのかというとを紹介したいと思います。

筋肉は伸びて縮む

まず、筋肉はどういう構造で伸び縮みしているかです。

筋肉は、太い筋繊維に細い筋繊維が差し挟まっています。細い繊維を剣、太い繊維を鞘に例えると、細い繊維がスライドして太い繊維の鞘に収まった状態を筋収縮。太い繊維の鞘から細い繊維が滑り出した状態を筋弛緩。となります。

筋収縮でわかり易いのは、肘を曲げた時に上腕に力こぶができる状態のことです。また、筋弛緩は肘を伸ばしたときに力こぶがなくなる状態です。

肩こりは力こぶを出しっぱなしの状態

筋肉は、剣が鞘から出入りする動きがスムーズな時は正常な状態です。何らかの理由で鞘から剣が出れずに固まってしまうと、筋肉は異常な状態。つまり、こり固まっている状態ということです。

筋肉が、縮みっぱなしで伸びないというのは、ずーと力こぶを作っているのと同じようなことです。やってみたらすぐにわかると思いますが、疲れますしつらいですよね。同じことが肩の筋肉で起きることで、肩こりになるんです。

肩こりの解消方法

【肩こりの解消方法①】肩甲骨を動かす

肩甲骨を動かす

肩甲骨を動かす

肩甲骨が固まると肩こりに

肩こりの人は肩甲骨が硬くなっていることが多いです。肩甲骨が固まると、腕を動かせる範囲が狭くなります。その為、筋肉が動かず血流が悪くなり肩こりを悪化させます。これを解消するには、硬くなった肩甲骨を動かすことです。

【やり方】

1。両手をバンザイした状態にします。

2.手の平を外に向け、肘を下げて行きます。ポイントは肩甲骨を背骨に近づけることを意識することです。

下げて、上げてを10回ほど繰り返し行いましょう。

【肩こりの解消方法②】猫背を改善する

猫背の男性

猫背の男性

猫背は肩の筋肉を固める

肩こりの原因は、肩だけではありません。日ごろの姿勢も関係しています。特に、猫背は首と肩を前傾させますので、肩周りの筋肉を緊張させ肩こりを悪化させています。その為、猫背を解消することで肩こりを解消することができます。

猫背を解消するにはストレッチポールなどを使って、ストレッチするのが有効的です。

【やり方】

1.ストレッチポールの上に背骨が沿うように寝ます。この時、お尻から頭まで乗るようにしましょう。

2.両手を開いて全身の力を抜き、ゆっくり呼吸をしながら30~60秒キープします。

これを毎日行うようにしましょう。

【肩こりの解消方法③】首の筋肉をほぐす

首の湾曲を整える

首の湾曲を整える

首こりの解消は肩こりの解消

肩こりを感じている多くの方は、首こりも感じています。デスクワークやスマホの長時間の操作は、首の湾曲を少なくします。首の湾曲がなくなると首こり・肩こりを感じてしまいます。解消するには、首の湾曲を整える必要があります。

【やり方】

タオルを一本準備してください。

1.姿勢を正して首にタオルをかけてください。

2.タオルの両端を持ち体の前方に引きます。同時に上を向きましょう。

3.上を向いた状態で20秒ほどキープします。これを3回ほど行いましょう。

これを行うことで首のカーブが改善されて、首こり・肩こりが解消されます。

まとめ

肩こりや首こりは姿勢が歪み、筋肉が硬くなることで起ります。肩こりは、何もしなければ悪化していくばかりです。肩こりの悪循環を繰り返すだけです。

肩だけの改善では、肩こりを解消することができず、すぐに戻ってしまいます。肩こりを根本から改善するには、姿勢を整えてあえげることが必要です。

家でストレッチポールを使って姿勢を整え、解消するのも効果的です。また、1人で肩こりを改善するのが難しい場合は、整体やカイロプラクティックを頼ってみるのも良いでしょう。

by 金沢市の整体院カイロプラクティックFix

Pocket