Pocket

首こりや肩こりを解消しようと思ったら、自分でストレッチをしたり、患部を温めてみたり、整体やカイロプラクティックなどを利用したりすると思います。

でも、すぐに解消される人もいれば、なかなか解消されない人もいると思います。

この違いは何があると思いますか?

自然治癒力が肩こりの解消に影響する

この差は『自然治癒力』のせいです。

関節の歪みや筋肉の凝り具合、首こり肩こりが始まった時期、などの差があります。しかし、もともと備わっている体を回復させる力が弱くなっていると、首こり・肩こりの解消に差がでてしまうのです

では、首こり・肩こりを解消するには何をすれば良いのでしょうか?

これでは自然治癒力は上がらない

①首こり・肩こりを感じる部位を温める

首こりや肩こりを感じた時に真っ先にすることは、「温める」ではないでしょうか。首こりや肩こりになったのは、
血行が悪くなっているからだと思い首や肩の周りを温めます。

その結果は、温まったことで体の表面の血流が良くなり、凝りや痛みが緩和されると思います。

しかし、温まったのが冷めてくれば、すぐに元の状態に戻ってしまうでしょう。簡単ですがとても表面的で一時的なしのぎ方です。

②首こり・肩こりの部位をストレッチ

巷にあふれる首こり・肩こりに効果的なストレッチ。肩や首の関節を動かしたりする方法や、硬く凝り固まった筋肉を伸ばす方法など様々な解消方法があります。

実際にストレッチを行えば、首・肩周りの筋肉がほぐれて血流が良くなります。その結果、首や肩の痛みが緩和されたり、軽くなったりすると思います。

ストレッチのやり方があっていれば非常に効果的だと思います。これだけで、首こり・肩こりが、かなり改善される方もいると思います。でも、これも『自然治癒力』を改善する方法ではありません。

自然治癒力を上げて肩こりを解消する方法

自律神経のバランスを整える

自然治癒力は、自律神経が正常に機能しているかどうか、ということが最大のポイントになります。

体を回復させるためには、血液を循環させて、必要な栄養や酸素を効率よく運ばなくてはいけません。また、体に溜まった老廃物を回収して、処理する必要もあります。血行と自律神経は密接に関係しています。

自律神経の働き

自律神経は人が意識していなくても働いてます。血行の機能も調整してくれています。自律神経は交感神経(アクセル)と、副交感神経(ブレーキ)という、二つの異なる機能をもった神経が、バランスよく働くことで体調を管理しています。

自律神経の乱れは骨盤と背骨の歪み

自然治癒力は首と骨盤の歪みを調整することで改善されます。その結果、首こり・肩こりが和らぎます。

自律神経が乱れるきっかけを作っているのが、首と骨盤の歪みです。その歪みを調整してあげることが自然治癒力の向上につながります。

凝っている、痛みがある、という表面的な部分だけでなく、もっと深くの神経の働きが正常になるようにアプローチすることが首こり・肩こりの根本改善になります。

なかなか首こりや肩こりが改善しないという方は、自律神経が乱れて血行が悪くなっているかもしれません。

まとめ

首こりや肩こりで悩んでいる方の多くは、疲れが取れにくいと感じたり、体が冷えると感じたり、しているのではないでしょうか。このような場合は、自律神経の乱れを改善することで、解消できる可能性があります。

また、体の回復には、十分な栄養と十分な睡眠が必要です。生活習慣の見直しもしてみましょう。

Pocket