Pocket

肩関節は多くの筋肉で支えられています。筋肉の中には、多くの神経や血管も通っています。その為、何らかの原因によって、神経や血管の働きが阻害されると肩こりを感じます。

肩関節には、肩甲背神経、肩甲上神経、副神経、頚横動脈、肩甲上動脈などの神経や血管が通っています。これらのどれか一つでも、機能が低下すると肩こりを感じてしまいます。

ここでは、神経や血管が原因となって感じる肩こりの症状を説明します。

【神経圧迫による肩こり①】首を動かすとピリッとした痛みがある

首を動かすと、ピリッとした痛みがある場合は、神経が圧迫されている可能性があります。

首の椎間板が潰れていたり、顔が傾いたりすると、神経の出口が狭くなってしまいます。その状態で、首を動かすと、神経を圧迫してしまい、ピリッとした痛みを感じます。

このような状態になると、神経が刺激され、筋肉の緊張を引き起こし、肩こりも感じるようになります。

【神経圧迫による肩こり②】腕を上げていると痺れてくる

普段は肩が重く感じるというくらいの肩こりだが、腕を上げると手に痺れを感じる、という場合は胸郭出口症候群になっているかもしれません。

胸郭出口症候群は、首から鎖骨を通り腕へつながる神経が圧迫され、痛みや痺れがでる症状です。肩が前に出てくると、斜角筋や小胸筋と言われる、肩の前側にある筋肉が硬くなります。その間を神経が通るので、腕を上げるという動作で圧迫されて、痛みや痺れを感じるのです。

放置していると血流も悪化する

放置していると、常にしびれを感じたり、鎖骨下動脈も圧迫されて腕が冷たくなることもあります。

【神経圧迫による肩こり③】指先に痺れがある、握力が低下した

首の比較的下の部位の痛みと、常に指先が痺れているのであれば、肩こりだけではなく頚椎のヘルニアになっている可能性があります。

頚椎椎間板ヘルニアは、姿勢の乱れなどによって椎間板に大きな負担がかかっていたことによって、椎間板の中の髄核が飛び出した状態です。髄核が飛び出すことで、常に神経を圧迫することになり、腕の痺れを引き起こします。

運動神経が圧迫されていると、握力が低下することもあります。このような症状を感じる場合は、病院で検査を受けることをおすすめします。

その他の肩こりの症状

カイロプラクティックやマッサージを受けても変わらない

一般的な肩こりであれば、姿勢が改善されたり、筋肉がほぐれて血流が改善したりということで症状が緩和します。しかし、内蔵疾患による肩こりの場合は、カイロプラクティックやマッサージで施術を受けても、変化を感じられません。

心臓や胃腸、肺の疾患がある場合、肩こりを感じることがあると言われています。動悸や強い痛みを感じる場合は、
内蔵疾患も考えられるので、病院を早めに受診しましょう。

Pocket