Pocket

急に後頭部が痛くなった、今までは感じなかったのに後頭部に頭痛を感じるようになった。

というように、後頭部を中心に頭痛を感じる方はいませんか。

ここでは、後頭部が痛くなる原因や病気との関連性を紹介します。

頭の痛みは痛みの部位が原因とは限らない

頭の痛みは、皮膚や筋肉とは違い痛みを感じる部位に原因が必ずあるわけではありません。

頭をぶつけたりした場合には、その部分が痛みの原因となりますが、一般的な頭痛は原因が他の部位にあります。

その理由は、脳に痛みを感じるとい機能がないからです。

殆どの場合は、脳に通じる血管や神経の問題で頭痛を感じるのです。

後頭部の頭痛で疑われる5つの原因

 1.髄膜炎

脳を守っている脳脊髄液に炎症が起きることで頭痛を感じる病気です。

症状は頭痛に付随して熱が出たり、吐き気を伴ないます。頭を動かすことで症状が悪化します。

病院で対処をする必要があるので、頭痛だけでなく吐き気や熱熱があえう場合にはすぐに医療機関に行きましょう。

 2.くも膜下出血、脳出血

脳に酸素や栄養を届ける動脈にコブができていたり、血圧が高いことで血管に負担がかかることで血管が破裂して頭痛を発生させます。

血管が破裂した場合は、金属で頭を叩かれたかのように急に激しい頭痛が起こります。症状も通常の頭痛とは違い、意識が遠のいたり、手足に痺れを感じます。

前兆で軽い頭痛が続くこともあります。血圧が高い方で頭痛を感じる方は、一度病院に行きましょう。

 3.椎骨動脈解離、椎骨脳底動脈循環不全症

脳に血液を送る血管の1つである椎骨動脈に異常が起きることで起きる症状です。

椎骨動脈は、首の骨の中を通る血管です。首の骨がずっれたり、首の怪我、などによって血管が圧迫されることで血流が悪くなり頭痛を起こします。

脳への血流がすくなることで、目の前が真っ暗になったり、めまいを感じます。

首を動かすことで症状が悪化する場合もあります。

 4.筋緊張性頭痛

頭・首・肩の筋肉が凝り固まっていることで血流が悪くなり頭痛を感じます。

一般的には、頭全体を締め付けられるような痛みを感じますが、首の凝りが強い方は後頭部を中心に痛みを感じることがあります。

症状が酷い場合には、めまいや吐き気を伴うこともあります。

筋肉のこりを解消してあげることで、頭痛から解放されます。

首や肩のストレッチをしたり、カイロプラクティックを受けると改善されます。

 5.片頭痛

脳を通る血管に炎症が起こることで痛みを感じます。脈を打つような痛みが特徴で、こめかみに痛みを感じることが多いですが、後頭部に痛みがでる場合もあります。

痛みを感じる部位は、人それぞれのことが多く、片側に感じることもあれば両側、後頭部に感じます。

光や音に敏感になるので、光が強い場所や音がうるさい場所にいると頭痛が悪化してしまいます。

コーヒーを飲んだり、痛い部分を氷で冷やすことで血管の拡張を抑えられて痛みを柔らげてくれます。

 

まとめ

後頭部の痛みには、命に関わる場合もあります。

ただの頭痛、いつもの頭痛だからといように簡単に片付けずに、一度検査を受けてみましょう。

大きな病気に関連した頭痛でなければ安心できますし、改善方法も様々なパターンが考えられます。

原因をはっきりさせ、それぞれの頭痛に合わせて適切な改善をおこないましょう。

Pocket