Pocket

お尻から足にかけての痛み

お尻から足にかけての痛み

腰の重さに加えてお尻から足にかけての痛みダルさ。

立っているのも座っているのもだるく、歩くのも辛い。

このような体の不調を起こす「坐骨神経痛」「梨状筋症候群」というものがあります。この症状を抱えていて、色々治療を試したがなかなか良くならない。という方はもう一度この症状の原因を理解して、根本的な改善を行いましょう。きっと回復に向かうはずです。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、腰から足に伸にかけて伸びている「坐骨神経」が、圧迫・刺激されることで感じる痛みやシビレ、などの症状のことをさします。

腰の痛みに始まり、お尻、ふとももの裏、すね、足先、などに痛みやシビレを感じます。悪化すると、歩行などの日常生活にも支障がでることがあります。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経が圧迫・刺激される原因としては、次のようなことが考えられます。

【原因①】腰部脊柱管狭窄

背骨の役割は身体を支えることだけではありません。

背骨は脳から全身に伸びていく神経を、保護する役割もあります。この神経が通る背骨の隙間を脊柱管といいます。

脊柱管が狭くなり神経が圧迫されると、痛みや痺れなどの症状がでます。これを脊柱管狭窄症といいます。この場合は手技で痛みやシビレの回復は難しいです。

【原因②】腰椎椎間板ヘルニア

背骨は、「椎体」といわれる骨と、「椎間板」といわれる軟骨が、交互に積み重なって構成されています。

問題となるのが軟骨である椎間板です。

椎間板の中心はゼリー状になっています。椎間板に背骨の歪みなどで負担が増えると、ゼリー状の物が飛び出してしまいます。飛び出したものが、背骨から出ていく神経根を圧迫して、痛みやシビレを引き起こします。

これも手技での完全な回復は難しいですが、症状が和らぐ場合もあります。

【原因③】梨状筋症候群

梨状筋という筋肉の名称は聞きなれないと思います。この筋肉は、尾骨から大腿骨の付け根に向かって、横につながっている筋肉です。股関節を外旋(外に開く)する作用があります。

坐骨神経は梨状筋の下を通っています。梨状筋が緊張してこわばったりすると、坐骨神経を刺激してシビレや痛みを発生させてしまうのです

脊柱管狭窄症やヘルニアなどは、MRIやレントゲンなどで判断できます。しかし、梨状筋症候群は、MRIやレントゲンなどでは判断できません。

精密検査をしてもどこが悪いのかわからない。と言う場合には梨状筋症候群による、坐骨神経痛の可能性が高いです。

この場合には、カイロプラクティックやセルフケアで、回復できる可能性が高いです。

梨状筋症候群の改善方法

軽度な場合は自宅でのケアでもOK

軽度な場合はストレッチなどで、改善することができます。梨状筋症候群に効果的な改善方法をご紹介します。

【やり方】
仰向けに寝た状態で、テニスボールやゴルフボールを、お尻の痛い部分に当ててぐりぐりします。痛気持ちいい感じでほぐしてください。

自分ではなんともできないという方は

カイロプラクティックに頼ってみてください。

姿勢や筋肉の緊張状態を検査して、梨状筋だけでなく、中臀筋やハムストリングなどの、痛みに関連する関節・筋肉を、正常な機能に近づけることで痛みを緩和します。

まとめ

坐骨神経痛で長年苦しんでいる方は、今の状態が、どのタイプの坐骨神経痛なのか調べてみましょう。それぞれのタイプにあった、適切な治療を選択することが、早期の回復につながってくると思います。

 

by 金沢市の整体院カイロプラクティックFix

Pocket