Pocket

肩こりといっても症状は一つではなく、様々な症状があります。姿勢が悪く、背骨や骨盤が歪むことによって、感じる肩こりの症状は、筋肉が凝り固まることで感じる症状が多いです。

ここでは、姿勢の歪みが原因になっている肩こりだと、どのような症状が出るのか説明します。

【肩こりの症状①】肩が重い、何かを背負っている重さを感じる

肩が重く感じるのは、姿勢が悪くなり肩にかかる負担が増えているせいです。

首や肩の筋肉は、頭や腕を支えています。人間の姿勢は本来、頭や腕の重さが筋肉に負担にならないように骨格で支えられるようになっています。しかし、猫背になったり、顔が前にでてきてしまうと、骨格では支えきれないため、
筋肉で頑張って支える必要があります。

そのため、常に筋肉が緊張状態となり、肩が重いという肩こりを感じます。

【肩こりの症状②】肩周りを触ると石のように硬い

肩の周りの筋に、疲労が溜まっていることで硬くなります。

デスクワークや、スマホの操作、前かがみの作業などに姿勢が悪化すると、肩の筋肉は緊張します。筋肉の緊張状態が続くと筋肉が疲れ疲労物質が発生します。

肩の筋肉が緊張する、疲労物質が発生するというサイクルを繰り返し、石のように硬い肩こりになってしまいます。

【肩こりの症状③】首や肩が冷たく感じる

首や肩が冷たく感じるのは、姿勢の悪化によって首・肩の筋肉が凝り固まり血行が悪くなっているからです。

血液は、筋肉が動くことで、ポンプで押されるように血管の中を流れていきます。しかし、筋肉が硬くなり、動きが悪くなってしまうと血流を促す働きが弱くなってしまいます。

その結果、首や肩の周りが冷たい肩こりになります。

【肩こりの症状④】腕が上がりにくい、上がらない

腕は肩甲骨が自由に動く事で、上げたり、下げたり、ひねったりということが可能になります。

肩甲骨の動きは、開く、閉じる、上げる、下げるなどで、多くの筋肉が協調して実現します。姿勢が歪むことで、この周辺の筋肉が、伸びない、縮まらないとことが起きます。肩甲骨の動きが悪くなり、肩こりが発生すると、腕が上がりにくく感じたり、腕を上げると痛いという症状を感じます。

【肩こりの症状⑤】デスクワークをしていると肩がジリジリと痛む

デスクワークをしていると、顔や肩が前にでてきた姿勢になり首・肩への負担が増えます。また、デスクワークでは腕を大きく動かすことが無いので、血流が悪くなります。

このようなことが原因となり、筋肉が緊張して、疲労物質が溜まり、神経を刺激するようになります。その結果、
ジリジリとした痛みや、重さを感じる肩こりになります。

【肩こりの症⑥】肩こりと伴に頭痛がする

肩こりを感じていて、特に首に違和感が強い時に頭痛を感じます。

脳につながる三叉神経は、首の上の方まで伸びてきています。その為、姿勢が歪み首の筋肉が緊張して疲労物質が溜まってくると、三叉神経を刺激するようになります。その刺激が頭に伝わることで、頭痛を引き起こすのです。

【肩こりの症状⑦】首の前側が張っている、口が開きにくい、痛い

口が開きにくい、痛いなどを感じる、という症状を感じる顎関節症も、姿勢の歪みが原因による肩こりで起きます。

この理由は、姿勢と顎関節症に関連があるからです。顎関節症と姿勢に関する調査をした結果、顎関節症の方は健常者に比べて、猫背になっている割合が多かったそうです。

猫背になることで、頭部を支える筋肉が緊張するので肩こりを引き起こします。また、咀嚼に関わるアゴ周りの筋肉が硬くなっていると、胸鎖乳突筋や僧帽筋と言われる首や肩の筋肉も硬くなります。

このように、姿勢が歪み肩こりになると、顎関節症などのように顔周辺の問題にも繋がります。

 

Pocket