Pocket

四十肩や五十肩という症状を1度は
聞いたことがあるのではないでしょうか。

中高年の方に発症することが多い症状です。

通常の肩こりよりも、
痛みが強く日常生活に影響が
出ることも多いです。

そんな四十肩・五十肩は

どんな原因でおきるのか、

肩こりとは何が違うのか、

ということを説明します。

四十肩と五十肩は同じ症状

四十肩と五十肩 金沢市

『四十肩』や『五十肩』という言葉は良く聞くと思います。

でも実際に『四十肩』や『五十肩』は、
肩がどういう状態になっているのか分かりますか?

また、四十肩と五十肩で違いはあるの?

という疑問もあるのではないでしょうか。

四十肩と五十肩と言うのは同じ症状です。

40代や50代の方に多く起っていたことから、
このような呼び方がつけられています。

では正式な名称はなにかというと、

『肩関節周囲炎』です。

肩関節周囲炎とは?

肩関節周囲炎とは、
肩関節の腱(腱板)に炎症が起きている状態のことです。

つまり四十肩・五十肩というのは、
肩に起きた炎症のことを言います。

患部の炎症が特に強い痛みをもたらします。

この炎症が引いてしまえば痛みはある程度やわらぎます。

このことから、
自然に治ると言われてきたのかもしれません。

ただ、炎症が治まれば肩の可動域が元通りになるか、
と言われたらそうではないのです。

四十肩や五十肩はなぜ起きるのか

どうして四十肩や五十肩が起るのか?

という問い対しては正確に「これが原因です」
というものは今のところないのですが…。

炎症は摩擦が大きかったり、
使いすぎたりということで起きます。

肩周りの筋肉や関節、靭帯などが傷つくことで熱を持ちます。

野球のピッチャーなどが使いすぎで、
痛みが出ている時も炎症によるものが多いです。

しかし、中高年の人がそこまで酷使して、
肩を使うことがあるのでしょうか?

たぶんないですよね。

では、なぜ炎症が起るのか?

原因1 肩関節の動きが悪い 

スムーズに動かない肩関節になっているからです。

加齢や不良姿勢によって、
関節を構成している軟骨や筋肉、靭帯が硬くなり、
動きが悪くなってきます。

すると、少ない動きでも肩関節周囲の組織が疲労し、
傷ついて炎症が起きているということが考えられます。

原因2 慢性的な肩こりになっている

慢性的な肩こりになっていると、
肩関節周りの筋肉が硬くなり、
血流が悪くなります。

血流が悪くなったことで、
組織の回復が間に合わず、
日頃の疲労が蓄積して、
肩関節の腱に炎症が起きて
しまう可能性があります。

原因3 筋肉の衰え

若いころは、
ある程度筋肉がしっかりしているため、
肩関節をしっかり支えることができます。

しかし、
トレーニングをしていなければ、
年齢を重ねるごとに、
筋肉が落ちていきます。

そのため、肩関節を支える為に、
筋肉だけでは足りず、
腱も大きな負担を背負うことになります。

その結果、
腱にダメージが蓄積されて、
ちょっとした動作で炎症が起こり、
四十肩になることも考えられます。

 

このように四十肩・五十肩も
肩こりと同じように、
生活習慣によって起きる症状です。

肩こりとの違い

肩こりは、
背骨や骨盤の歪みで姿勢が
悪くなり、
首や肩の筋肉の緊張が続き
疲労してしまうことで起こります。

このように、
肩こりは多くの場合、
筋肉がこり固まり血行不良が原因となって起こります。

しかし、四十肩・五十肩の場合は、
首や肩の筋肉の影響ではなく、
肩関節周辺の腱(腱板)の、
機能が低下することで起こります。

肩関節周辺の機能が低下した状態、
つまり可動域が減少した状態で、
肩を動かすことで起きる、
肩関節の滑液包(関節を包む膜)の
炎症が原因と言われています。

 

Pocket