Pocket

首こりは体に悪影響を与える

首こりは体に悪影響を与える

首は毎日私たちの4~6㎏ほどある重い頭を、支え続けている大事な部分です。首こりを感じると、とても調子が悪く感じますよね。

首はそれだけ体に影響を与える大切な要素が詰まった部分なのです。

首の構造

 

頚椎と神経

頚椎と神経

首はわっか状の骨が7つ連なっています。その中を大事な神経が通っています。脳からの指令を全身に運ぶ神経を、
骨・靭帯・筋肉で守っています。

首に多くの神経が集中しているので、首の関節が歪んだり、筋肉が凝ったりすると神経の働きが悪くなり体に様々な悪影響をもたらします。

首の痛みによって起る症状

【症状①】頭痛・めまい

頭痛やめまいがする

頭痛やめまいがする

首の痛みが起きている状態は、首が歪んでいたり、首の筋肉がこわばっていたりします。そのような状態では、頸椎(首)を通る神経や血管が圧迫されている可能性があります。

神経や血管が圧迫されることで、頭痛やめまいを感じるようになります。色々薬を試したが症状が変わらない、肩こりなどの違和感を感じている、という方は首の痛みが原因になっていることが多いです。

【症状②】胃腸の調子が悪い

胃腸の調子が悪い

胃腸の調子が悪い

首の痛みは、自律神経のバランスを崩します。自律神経の働き悪くなることで、胃腸の調子が悪くなる事があります。

自律神経は胃や腸の働きコントロールしています。自律神経のバランスが乱れてしまうと、胃や腸の働きを正常に制御できなくなります。すると、食べ物を食べてないのに胃酸が多くですぎてしまう、食べ物を食べたのに胃酸が少なく消化できなくなる、ということが起ります。

このように首の痛みによって、交感神経と副交感神経のバランスが乱れ胃腸の働きが異常になる可能性があるのです。

【症状③】なかな寝付けない。途中で目が覚める。

なかなか寝付けない

なかなか寝付けない

睡眠の問題は自律神経の働きが関係しています。

自律神経には、交感神経と副交感神経という2つの神経系があります。車に例えて説明すると、アクセルが交感神経、ブレキーが副交感神経になります。

首の痛みがあると、この2つの神経のバランスが乱れてしまいます。首の痛みがある状態では、交感神経が強く働くようになり、ずーっとアクセルを踏みっぱなしと同じで目が冴えてしまいます。つまり、交感神経の働きが優位になると体が覚醒した状態になるのです。

そのため、体は疲れていて眠りたいのに、眠れないという状態になります。また、たとえ眠れてもすぐに目が覚めてしまうという熟睡ができない体になります。

【症状④】目が疲れやすくなる

目が疲れる

目が疲れる

首の痛みは目を疲れを早めます。

首の痛みがある時は、首が歪んでいます。首の歪みは、頭部を傾けることになります。頭部が傾くと視神経が圧迫されたり、筋肉のこりで血流が悪くなってしまいます。

すると、目がかすむ、目が疲れる、などの症状が起きます。

【症状⑤】自律神経失調症になる可能性がある

首の痛みがある方の中には、「自律神経失調症ですね、原因はストレスでしょう」と診断された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自律神経失調症は、ストレスが原因のことも、もちろんあると思います。でも、中には首の歪みや背骨の歪みのせいで、自律神経失調症になる場合があります。

実際に高校生の男の子が自律神経失調症と診断されたが、なかなか治らないということで当院に通われていたことがありました。症状は酷く、毎日学校に行けない程の腹痛で悩まれていました。

実際に初めて見た時は、ものすごく猫背で首が前に倒れ下を向いているような状態でした。その状態から姿勢を改善していくと、腹痛の発生は徐々に治まっていきました。3ヶ月後には、ほぼ腹痛が起こらないようになりました。

そして、無事に高校も卒業することができました。

このように、姿勢が悪く首の痛みがあることで、自律神経失調症になるということもあるのです。

まとめ

病院で検査をしても異常がなく、色々な薬を飲んだり、色々な治療をしたり、したけど症状は変わらない。

という方は1度、首の痛みを疑ってみましょう。

こういった症状がない方でも、デスクワークやスマホを長時間する方は、今後不都合を感じる可能性があります。今から十分に気をつけましょう。

 

by 金沢市の整体院カイロプラクティックFix

Pocket