Pocket

腰痛と肩こりが辛い金沢市の女性 40代

腰痛と肩こりが辛いということで来院された金沢市の40代の女性です。

【症状】

立ち仕事をされているのですが、立っていると徐々に腰が痛くなってきて足も重くなってくるそうです。肩こりも昔からあり、肩こりが酷くなると頭痛も感じるということでした。

身体の状態を確認

側湾による腰痛と肩こりの改善

上の写真は施術前後の写真です。

左の写真が施術前の写真です。

ウエストのくびれが左右非対称

この写真を見てもらうと分かるのですが、背骨が側弯していることで、ウエストのくびれが非対称的になっていました。赤線で囲んでいる箇所を見ると、腕と体の隙間が左右対称になっていないことが、よくわかると思います。

くびれが左右非対称になる原因はこちらで説明しています。

背骨の側湾が肩こり腰痛の原因

背骨が側湾することで、左右のバランスが崩れ、腰や背中の筋肉が緊張して硬くなります。その結果、肩こりや腰痛などの症状を感じたり、神経が圧迫され胃腸の調子が悪くなりやすいです。この方も胃の調子が悪いと言われていました。

施術は背骨と骨盤の調整

この方は普段の癖で、椅子に座るときには必ず足を組み、さらに上になった足を、ふくらはぎに絡めるということでした。その為、骨盤の傾きが強く、股関節の可動域も左右で大きく違っていたので、骨盤周辺を重点的に調整しました。

長年背骨の側弯と付き合っている方は、簡単に背骨の状態を戻すことはできませんが、腰から首にかけて緊張した筋肉をほぐし、側湾した背骨の調整を行いました。

施術後は肩こり・腰痛が楽になった

施術後は、腰痛や肩こりがだいぶ楽になったことを、感じていただけました。施術前は上体を左に倒すと、可動域が制限されて痛みがありましたが、痛みが緩和されて可動域も少し回復していました。

姿勢の状態も写真を見てもらうと分かるのですが、左右のくびれの差が少なくなっていました。

今後

まだ、体の歪みは残っている状態なので、施術を継続する必要があります。さらに日常の生活習慣も気を付ける必要があります。脚を組むことをやめてもらったり、片足だけに体重をかけて立たないように、していただくのが必要です。

ホームケアの方法もお伝えしたので、コツコツと実施して頂いけると、徐々に体が楽になってきます。

Pocket