Pocket

肩こりの原因は、一般的に肩の周りの筋肉が疲労することで血行不良になり引き起こされています。

このような状態に陥ってしまうのには、普段の生活における姿勢が大きく関係しています。

仕事で一日中座りっぱなしだったり、同じ姿勢で作業をしていることだけでなく、普段の立っている姿勢にも注意が必要なのです。

つまり、肩こりは姿勢を正さなければ改善しないということです。

ここでは、肩こりと姿勢の密接な関係を説明していきます。

悪い姿勢が肩こりを引き起こす

姿勢と肩こりは密接に関係しているのですが、実際にどのような姿勢が肩こりを引き起こしてしまうのか紹介していきます。

①猫背で顔を前に突き出して座っている

肩こりになる代表的な姿勢といえば猫背です。

猫背とは、背中が前方に大きく丸まり、顔を前に突き出している姿勢のことを言います。通常は、骨と筋肉で負荷を分散して楽に支えられるようになっていますが、猫背の姿勢は、重い頭を支えるために首や肩の筋肉に大きな負担が増えてしまうのです。

②足を組んで座る

足を組んで座ることも肩こりの原因となる姿勢になります。

肩とは離れた、下半身のことがなぜ肩こりにつながるのか不思議だと思います。

足を組むことで、骨盤は歪み背骨にかかる負担が増大します。それによって首や肩の筋肉が緊張して肩こりになってしまう可能性があるのです。

③立ちながらスマホをみている

立ちながらスマホをみている姿勢は、頭が下がり猫背の姿勢になってしまいます。

この姿勢も、デスクワークの時と同じように首や肩への負担を増大させ肩こりを前にてしまいます。

④片足に体重をかけて立つ

長い時間立っていると、片足にだけ体重を変えてしまったり、足を交差させて立ってしまうことがあります。実は、この姿勢も肩こりを招いてしまう姿勢なのです。

基本的には、左右均等に体重をかけて立っていることで体のバランスが保たれます。偏った立ち方では、体のバランスが崩れてしまうのでバランスを保とうと、背中や肩の筋肉を過剰に使ってしまうので肩こりを引き起こすきっかけになってしまうのです。

⑤横向きで寝ている

寝る時の姿勢も肩こりに影響します。

横向きで寝ると、体の下になってしまう肩に体重がかかってしまうため、筋肉が圧迫されて血行不良を起こしてしまいます。その結果、肩こりを引き起こしてしまい、朝から肩が重く感じてしまいます。

また、横向きの姿勢が習慣化していると、肩が前に出てしまう「巻き肩」になっている可能性もあります。巻き肩になることで、肩の周りの神経や血管を圧迫してしまうので慢性的な肩こりをひきおこしてしまいます。

⑥うつ伏せで寝ている

うつ伏せで寝る姿勢も肩こりの原因になってしまいます。

うつ伏せで寝ると、顔を左右どちらかに向ける必要があります。そうなると、起きるまで同じ方向を向いているので首の歪みが発生してしまいます。

首の歪みは、首の神経や筋肉に負担をかけてしまうので、首や肩に辛さを感じるようになります。

肩こりになりにくい姿勢とは

良い姿勢を保つことができれば、たとえ長時間同じ姿勢のまま作業をしたとしても、左右のバランスがとれている状態となり、余計な負荷がカラダにかからないため、肩こりにもなりにくいのです。以下のことを意識しながら良い姿勢をキープするようにしましょう。

座るときの良い姿勢

まずアゴを引き、左右の肩を同じ高さにします。そして下腹部に軽く力を入れ、お腹を引っ込め、骨盤をしっかり立てるのが良い姿勢です。最近では姿勢を矯正してくれる椅子やクッションなどもありますので、試してみると良いでしょう。また、34×80cmくらいのタオルを棒状に丸めて、お尻の後ろ端をのせるように座ると骨盤がしっかりと立ちます。
しかし、最初のうちは姿勢に気を付けていても、無意識に崩れてしまうことがあるので、時間を決めて正しい姿勢になっているか時々チェックするようにしましょう。

立っているときの良い姿勢

立っているときは、かかとをそろえて両足をぴったりと地面につけます。次にひざをまっすぐに伸ばし、軽く胸を張ります。張り過ぎると反り過ぎて逆効果になってしまうので注意するようにしてください。最後にお腹と肛門にやや力を入れてお尻を引き締めると良いでしょう。

寝る時の正しい姿勢

肩こりを改善するための寝姿勢は、仰向けで寝ることです。

仰向けで寝る姿勢は、うつ伏せや横向きと違い、首や肩に負担をかけることがない姿勢です。

立っている時には、常に頭の重さを支える必要がありますが仰向けで寝ることで開放されます。首や肩の筋肉が緊張から開放されリラックスできるので、血行が良くなり昼間の疲労を回復する効果も得られます。

ただし、仰向けで寝るときに1点気をつけてほしいのが枕です。

枕の役割は、仰向けで寝た時に首のカーブが潰れないようにすることです。高すぎる枕や、枕をしないで寝ていると首のカーブを潰してしまうことになります。

これでは、せっかく仰向けで寝ても肩こりを改善することができません。

しっかりと、首のカーブを保てるように首のカーブにあった枕を使って寝るようにして下さい。

 

Pocket