Pocket

「肩こりを感じる」
という方の多くは、
生活習慣に問題があります。

肩こりになるようなことは、
していないと思うかもしれませんが、
ささいなことが肩こりの原因になっています。

このような生活習慣を
気にして少し変えるだけでも、
辛い肩こりを防ぐことができます。

ここでは、
肩こりの原因となる
生活習慣を紹介します。

長時間同じ姿勢をしている

デスクワーク、
スマホの操作、
読書など、
長時間同じ姿勢をしていると、
肩こりが起きやすいです。

前かがみでの作業は、
頭が下がり、
肩が前にでるため、
首や肩の筋肉は
緊張した状態になります。

そうすると、
血流が悪くなり疲労物質が溜まり、
肩こりを感じるようになります。
姿勢も悪くなり猫背がくせになると、
慢性的な肩こりになります。

運動不足

肩こりはある程度、
運動にすることで解消することができます。

運動をすることによって、
筋肉のポンプ作用が活発に行われ、
血流を良くしてくれます。

この効果によって、
疲労物質の蓄積を防ぎ、
栄養や酸素が行き届くので、
肩こりを防ぐことができるのです。

軽いウォーキングやジョギングでも、
全身の血流が改善されるので、
肩こりを防ぐことができます。

このような、
軽い運動も全くできていないという人は、
日頃の疲労を溜め込んでしまうので、
慢性的な肩こりを解消することができなくなります。

ストレス

肩こりは肉体的な疲労で
起きることがほとんどですが、
ストレスで起きることもあります。

仕事や人間関係で、
強いストレスを感じていると、
自律神経の働きに影響を与えます。

自律神経は、
交感神経と副交換神経が相互に作用することで、
自分で意識することなく、
内蔵の働きや血圧の調整などを、
適切な状態に保ってくれます。

しかし、ストレスによって
自律神経のバランスが乱れると、
筋肉も血管も収縮した状態になり、
血流が悪くなってしまいます

このようにリラックスすることが
できない状態が続くと、
疲労物質が溜まり、
肩こりになってしまうのです。

横向きで寝ている

朝起きると肩こりが辛い、
前日の肩の疲労が抜けてない、
という人は、
横向きで寝ていることが原因かもしれません。

横向きで寝ると、
どちらかの肩が下になるので、
体の重さを肩で支えることになります。

その状態が長い時間続くと、
筋肉も疲労しますし、
血流も悪くなります。

それが原因で肩こりが辛くなってしまいます。

枕の高さが合っていない

枕の高さによって肩こりになる場合があります。

多くの方の睡眠時間は、
6~8時間ほどあると思います。

毎日これだけ長時間同じ姿勢で
いるので、
枕などの寝具が合っていなければ、
体に負担がかかり肩こりになってしまいます。

寝ている時に肩が痛くて目が覚める、
起きた時の肩こりが一番つらい、
というような方は、
枕が合っていない方の症状です。

特に枕の高さが高い人は、
首の後ろの筋肉が引き伸ばされて、
肩こりになりやすいです。

だからといって、
低い枕をつかえばいいのか
というとそうではありません。

枕の役割は、
仰向けで寝ている時に、
首のカーブを保つことです。

これを満たす為には、
首のカーブに合った形と高さを
選ぶ必要があります。

頭は5~7kgぐらいありますので、
ある程度の硬さがなければいけません。

このような、
あなたに合った枕を使うことで、
肩こりを減らすことができます。

 

 

Pocket