Pocket

 

肩こりになる人は、
姿勢が悪い人が多いです。

背骨が歪んで、
姿勢が悪くなることで、
いつもより筋肉の緊張が
強くなる部分がでてくることで、
肩こりになります。

ちょっとした姿勢の崩れ
でも肩こりの原因となって
しまうこともあります。

ここでは、
姿勢と肩こりの関係性を
紹介していきます。

【肩こり姿勢①】ストレートネック

肩こりになる姿勢で、
最近多いのはストレートネックです。

頚椎(首)の形状は本来、
前方に緩くカーブを描いています。

1度は聞いた事があるかもしれませんが、
理想の背骨の状態としては、
首から腰にかけてゆるいS字のカーブを描いていることです。

この背骨のカーブがあることで、
バネと同じような効果をもたらし、
首にかかる負担を分散してくれます。

しかし、デスクワークやスマホの操作
などの下を向いた姿勢が続くと、
頚椎(首)のカーブが失われてしまいます

このような姿勢が繰り返されることで、
前かがみで作業していない状態でも、
首のカーブがなくなり、
顔が前にでた状態になります。

これをストレートネックと言います。

首のカーブは通常、
30~40度あるのですが、
これ以下になるとストレートネックと判断されます。

(科学誌:Surgical Technology International、執筆:Kenneth Hansraj外科医)

(科学誌:Surgical Technology International、執筆:Kenneth Hansraj外科医)

写真は頭の前傾の角度が、
頚椎にどれだけ負担をかけるのか調査した結果です。

頭が前傾すればするほど、
首に負担が増えているのが分かります。

ストレートネックになり、
顔が前に出ている状態では、
通常の2~3倍の負担が、
肩や首にかかっていることになります。

この負担が首・肩の、
関節や筋肉にダメージを与え、
肩こりが辛くなってしまうのです。

【肩こり姿勢②】猫背

肩こりになる
定番の姿勢は猫背です。

猫背の人を横から見ると、
顔と肩が前に出ていると思います。

猫背の姿勢は、
体が前に倒れそうになるのを、
背中の筋肉で支え続ける必要があります。

背骨のS字カーブが理想な状態であれば、
腹筋と背筋がバランス良く使われますが、
猫背の場合はバランスが崩れます。

猫背になると、
腹筋の働きが弱くなり、
背中や肩の筋肉の働きが強くなります。

特に、首・肩・背中に繋がっている
僧帽筋という筋肉の緊張が強くなります。

この筋肉の緊張が続くと、
疲労物質が溜まり、凝りが発生して
肩こりを感じるようになります。

また、猫背になると肋骨の動きが制限されて、
呼吸が自然と浅くなってしまいます。

すると、
筋肉に十分な酸素が届かなくなり、
疲労物質が解消されず、
肩こりになるということもあります。

猫背だけど呼吸が苦しいと
思ったことがないという方は、
体を丸めて呼吸をすると、
深く息を吸えないことを体験できます。

【肩こり姿勢③】左右どちらかの肩が下がっている

鏡で立ち姿を見ると、
左右で肩の高さが違っていませんか?

左右の肩の高さの違いも、
肩こりになりやすい姿勢です。

肩の高さが左右で差が出る原因は、
骨盤にあります。

骨盤が傾くことで、
背骨にも傾きが発生します。
そのため、背骨からつながっている、
肩や頭も傾くことになります。

背骨が曲がり肩の高さに差が出ると、
バランスを保つために、
左右どちらかの筋肉は緊張して、
どちらかはリラックスした状態になります。

緊張している筋肉はやがて疲労が溜まり、
肩こりが発生します。

肩こりが左右のどちらかだけに
感じる方はこのタイプの可能性が高いです。

根本的な原因は、
骨盤や背骨にあるため、
肩だけの治療ではなかなか変化がありません。

【肩こり姿勢④】肩が内巻きになっている

女性に多い肩の内巻きも
肩こりになる姿勢です。

肩甲骨が前に出てきている状態で、
肩甲骨の周りと、
胸の筋肉が硬くなり、
肩こりを感じます。

猫背とセットでなることが多いです。

肩甲骨の動きが制限されるので、
腕を上げると痛みが出たり、
腕を上げにくくなります。

Pocket