Pocket

デスクワークで肩こり、首こりが辛い

デスクワークで肩こり、首こりが辛い

デスクワークや細かい作業で、下を向いている時間が多い人は、肩こり感じる方が多いと思います。このような方は、肩よりも首に問題があることの方が多いです。

今回は実際に肩が痛いと思っていたのに、原因は首にあったという方を紹介したいと思います。

肩こりが辛いという金沢市の20代 女性

肩こりが辛いという理由で来院された金沢市の20代の女性です。

【症状】

この方は、職業がネイリストということで、下向きでの仕事が長時間になるということでした。

常に肩が重く、こり固まっている感じがして、肩甲骨を動かす運動をしても全然良くならないという状態でした。

【検査】身体の状態を確認

顔が肩のラインより前に出ている

顔が肩のラインより前に出ている

原因は首のカーブの減少

実際に肩甲骨の動きを検査してみると可動域は正常な状態でした。

それよりも問題だったのは首の可動域でした。

下を向いてもらうと、首の後ろから背中にかけて突っ張る。上を向いてもらうと、首の後ろが詰まった感じで向きにくく、痛みがあるという状態でした。

姿勢も顔が肩のラインより前に出ていて、湾曲が少ない状態になっていました。このような姿勢が続いていた事で、首の筋肉が硬くなり、肩こりを感じていました。

【施術】首の筋肉を緩める

首の湾曲を正常な状態に戻すために、背骨全体に対して調整を行い姿勢の改善を試みました。

背骨のカーブを整えることと同時に、首の筋肉と背中の上部の筋肉を緩めました。

【施術後】肩が軽くなった

施術後はだいぶ肩の重さが軽くなり首の可動域も改善していました。

ただし、1回目の施術だけでは、首のカーブの状態は完璧ではありません。仕事がら下を向くことが多いので、日頃の予防も大切になります。

 

by 金沢市の整体院 カイロプラクティックFix

Pocket