Pocket

仕事中の肩こりに悩まされている方は多いのではないでしょうか。

特に、1日中椅子に座りパソコンに向かっている事務やプログラマーの方は肩こり、首こりに悩まされることが多いと思います。

いつも肩こりが辛いな…と思いながらも放置しているとどんどん症状が悪化してしまう可能性もあります。

このような、デスクワークが原因の肩こりは座り方を変えるだけで、症状を激減させることが可能です。正しい座り方や自分の体にあったイスやデスクの調整方法を知り肩こりを解消してみてください。

動かないでいることは健康に悪い

肩こり腰痛を引き起こす原因となる

デスクワークが主な業務の方は、1日中イスに座って過ごすという人も少なくないです。営業など外回りの業務がある人でなければほとんどの方は座って仕事をしていることの方が多いのではないでしょうか。

周りの人が同じように座って仕事をしているからこそ気づかないだけですが、座りっぱなしによって起きる健康被害は多くあります。

特に多い健康被害は、肩こりと腰痛です。

座ってパソコンに向かっている時間が長くなれば長くなるほど、体は自然と前のめりになってしまうものです。これが習慣化されてしまうと、いわゆる猫背という姿勢になってしまうのです。

猫背の姿勢は、背骨や肩にかかる負担を増大させ、辛い肩こりや腰痛を引き起こしてしまうのです。

血流の悪化が重大の病気のきっかけになることも

また、長時間座った状態では筋肉を動かすことがほとんどないので、全身の血流を悪化させることにもなります。特に、ふくらはぎなどの脚の筋肉を動かさないでいるので、末端の冷えやむくみを促進してしまいます。

このような状態を続けていると、心臓や脳の疾患を引き起こすリスクを高めると言われています。ある調査では、1日で座る時間が4時間未満の人に比べ、11時間以上座っていた人の死亡リスクは40%も高まるというこも報告されています。

肩こりを激減させる仕事中の座り方

ここからは、仕事中にどのような座り方をすると肩こりを減らすことができるのかということを具体的に説明して行きます。

肩こりを防ぐ正しい座り方をするには、これから紹介する4つのポイントに注意して座ってみてください。

①イスに深く座り太ももと床を平行にする

姿勢を正して座るには、骨盤を立てて座ることが重要です。

太ももが膝より下になってしまうと骨盤が後傾(後ろに倒れる)してしまい猫背の姿勢になりやすいです。

これを防ぐために、イスに深く深く腰掛け、はじめから背もたれにしっかり背中をつけ、膝を90度曲げた状態にして座るようにしましょう。

②両足の裏を床につける

膝を90度に曲げた状態で、両足の裏がしっかりと床につくようにイスの高さを調整してください。

足が床から浮いてしまっている状態だと、上半身の体重をすべて腰で支えることになります。腰にかかる負担が増えれば腰痛ににもなりやすいですし、疲れて背中が丸まってしまうのも早くなります。

また、足が浮いている状態は、太ももの裏側が強く圧迫されるので足への血流を悪くしてしまいます。足のだるさなども引き起こしてしまうので、しっかりと足の裏を床につけて座って下さい。

③椅子に座って足を組まない

椅子に座ると足を組むことが習慣になっている方はやめましょう。

足を組んでしまうと、片方のおしりにだけ体重がかかり骨盤を歪めてしまう原因になります。骨盤の歪みは、背骨の歪みに繋がり肩こりや首コリを引き起こします。

また、下半身の血流やリンパの流れも悪くしてしまい、むくみや冷えを引き起こすきっかけにもなります。

④緊張して肩をすくめた状態にならない

肩に力が入り緊張した状態だと、肩甲骨が上に引き上げられて筋肉が硬直してしまいます。このような状態が続くと、肩甲骨の柔軟性が失われ肩こりを引き起こしてしまいます。

両腕を机の上に乗せるなどして、肩に余計な力が入らないように気をつけましょう。

肩こりを防ぐデスクの高さ

肩こりを防ぐためには、正しい座り方で椅子に座り姿勢を悪化させないことが重要です。さらに、仕事を行う上では、デスクの高さやパソコンの位置も重要になります。

モニターが目線の高さになるように調節する

椅子に座りパソコンをで作業をする場合は、モニターの高さが肩こりになるかどうかのポイントとなります。

理想としては、パソコンのモニターが目線の高さと一緒になるようにすることです。モニターの高さが、目線より下にあると頭が下がった状態になり、猫背やストレートネックになりやすいです。

モニターの下に台を置くなどして、適切な高さに調整して下さい。

もし肩こりになってしまったら早めの対処が重要

肩こりにを激減させる座り方を紹介しましたが、どれだけいい座り方をしていても長時間座りっぱなしというのは体にとって良くないことです。椅子から立ち上がって動くことができるのであれば、定期的に体を動かしましょう。

肩こりは、「みんながなっているし大したことない」と思い気にしていないと、後々大きな病気につながることも考えられます。

少しでも肩こりが辛いと感じることがあれば、座り方の改善や運動を積極的に行い、症状が軽いうちから肩こりの改善をしましょう。

もし、かなり辛い状態で自分でどうすることもできないのであれ当院にご来院下さい。

お助け致します。

 

Pocket