Pocket

突然ぎっくり腰に

突然ぎっくり腰に

「くしゃみをした瞬間に急に腰に激痛が」

「朝起きて顔を洗おうとして前かがみになったら腰が抜けた」

「下に落ちた物を拾ったら腰がギクっと」

このようないきなりやってくる急性の激しい腰痛に、
何度も繰り返し悩まされていませんか?

間違った対処をしていると痛みを悪化させたり、
ぎっくり腰をたびたび再発させることになります。

今回は辛いぎっくり腰を繰り返さない為に、
原因と対処の方法をご紹介したいと思います。

ぎっくり腰とは

急性腰痛症のことを通称ぎっくり腰といいます。

重いものを持ち上げようとした瞬間や、
振り向いた瞬間、
前かがみにになった瞬間、
などのちょっとしたきっかけで起ります。

急に激しい痛みに襲われる腰痛のことです。

原因としては、

『筋肉が疲労して硬くなっている』

『関節に歪みがあり負担がかかっている』

『腰椎椎間板ヘルニアになっている』

など様々なことが考えられます。

ぎっくり腰になってしまった

痛みがある部分を冷やす

痛みがある部分を冷やす

ぎっくり腰のように急性的な腰痛の場合は炎症がともないます。

急な痛みはのときは炎症がある患部を冷やしましょう。

アイスパックや氷水を使って、
10分~15分くらい冷やし間をあけて繰り返しましょう。

腰が痛いときはお風呂に入って温めるという方はがいますが、
ぎっくり腰の時は間違えです。

逆に炎症を悪化させてしまう可能性があるので、
シャワー程度で温めないようにしましょう。

また、腰の痛みとともに足のしびれを感じる場合は、
腰椎椎間板ヘルニアなどの可能性がありますので、
早めに病院に行きMRIやレントゲンで画像診断をしてもらいましょう。

痛みが引いたあとは

炎症による痛みは2~3日で治まってくると思います。

この痛みが引くと治ったと思ってしまうのですが。

実は炎症が引いただけであって原因は残したままなんです。

ぎっくり腰は繰り返しやってくる。

それは原因を抱えたまま過ごしているからなんです。

筋・筋膜性が原因だった場合は、
筋肉の疲労をとり、柔軟性をよくしてあげて、
筋肉が正常に働くように回復させてあげなければいけません。

関節の歪みが原因だった場合は、
骨盤や背骨の歪みを正して、
関節がねじれて負担がかかり過ぎていたのを、
解放してあげなければいけません。

繰り返さない為に最も大切なこと

筋肉が硬くなったり、
関節が歪んだりということは。
すべて生活習慣から起こります。

常に足を組んで座っている、姿勢が悪いとよく言われる。

このような方は、
姿勢の悪さが原因となり、
仙腸関節や背骨の動きを悪くさせてしまいます。

ぎっくり腰を予防する為には、
普段の姿勢に気を付けることが最も大切です。

慢性的な腰痛を感じているようであれば、
カイロプラクティックの施術を受け、
歪みを整え正しい姿勢をしやすい体にしていきましょう。

 

日頃運動不足であれば、
ウォーキングや軽いランニングなどでも、
関節や筋肉の動き改善できます。

生活習慣を見直してぎっくり腰を予防しましょう。

 

by 金沢市の整体院カイロプラクティックFix

 

Pocket