Pocket

ぎっくり腰は冷やす?温める?

ぎっくり腰は冷やす?温める?

先日、「腰痛で悩んでいて時々ぎっくり腰になる」という方が、カイロプラクティックを受けにこられました。

そのとき聞かれたのが、「ぎっくり腰になったら、冷やすのと温めるのとどちらがいいですか?」ということでした。

もし、あなたがぎっくり腰になったらどうしますか?

たぶん温めてしまうのではないでしょうか?

質問してくれた方もいつも温めていたようです。

しかし、正解は『冷やす』です。

なぜぎっくり腰になったら冷やすのか

ぎっくり腰にはアイシング

ぎっくり腰にはアイシング

ぎっくり腰になったら痛みが辛いですよね。

なんとかぎっくり腰の痛みを和らげたいと思い次のような行動をしますよね。

ホットカイロを腰に貼り温める。

温泉にゆっくりつかって体を温める。

これで痛みは和らいでいましたか?

逆にぎっくり腰の痛みが強くなった。という方もいるのではないでしょうか。

実は腰を温めるのが有効なのは慢性的な腰痛や肩こりの場合です。

慢性的な場合であれば、筋肉がこり固まり血流が悪い状態です。なので温めることで血流が良くなり辛さや重さが緩和します。

でも、ぎっくり腰のような急性的な痛みは別です。

急性的な痛みは炎症をおこしていることが殆どです。

炎症によって痛みを感じているので、冷やして炎症を抑えてあげるほうがぎっくり腰の痛みを緩和できます。

足首を捻挫した時や、つき指をした時には、氷水で冷やして炎症による腫れを抑えると思います。これと同じ状態だと思って下さい。

急性時の炎症はだいたい2日~3日ほど続きます。その間は繰り返しアイシングを行うといいです。

冷やすのは冷湿布でもいいの?

湿布をはって冷やしてもいい?

湿布をはって冷やしてもいい?

「痛いところを冷やして下さい」と言ったら多く人が、冷湿布を貼ってしまうのではないでしょうか。

実は湿布では、ぎっくり腰の痛みの根元まで冷やすことができません。

湿布ではあまり冷やす効果がないんです。

湿布を貼ったら冷たく感じると思います。それは、表面の水分とメントールで、スースーして冷たく感じているだけなんです。

実際には、皮膚の表面温度が1℃下がるかどうかというとこです。筋肉や関節の温度までは下げられないようです。

また、湿布には抗炎症薬も含まれていますが、飲み薬よりも圧倒的に効果は薄いです。それどころか、湿布を貼ることで皮膚がかぶれてしまう人もいます。

このような理由で腰を冷やす際は、袋に氷を詰めて痛い箇所を冷やして下さい。

時間は15分~20分を目安にしてください。

スポーツ選手は湿布より氷水

まだ湿布の方が効果があるはずだと思っている人は、スポーツ選手が湿布を貼っているのを見たことありますか?

例えばプロ野球のピッチャー。

その日の登板を終えた時には、肩と肘に専用のサポーターをつけてアイシングを行います。

高校野球でも試合後に、ピッチャーがアイシングをしているのを見ます。

ラグビーやアメフトの選手は試合後に、10℃程の水風呂に浸かり全身のアイシングを行います。

プロのスポーツ選手は炎症や疲労から早く回復するために、最も効率のいい方法を選択して行います。

もし、湿布のほうが効果が望めるのであれば、彼らは全身に湿布を貼っているでしょう。

ぎっくり腰は氷水で根元まで冷やしましょう。

まとめ

もし急性的な痛みに襲われたら迷わず患部を氷や氷水で冷やしましょう。

3日くらいは炎症を抑えることに専念して、その後は温めたり運動を行い血流を促しましょう。

そうすることで組織の修復を早めるます。

Pocket