カイロプラクティックの施術で関節をボキボキ鳴らす理由

Pocket

カイロプラクティックの施術
カイロプラクティックの施術


カイロプラクティックの施術を受けたことがある方は、関節を「ボキッ」と鳴らされたことがあるのではないでしょうか。


多くの方はされるがままで、なぜ、「ボキッ」と鳴らすのか理由を知らないと思います。

「ボキッ」と関節を鳴らされるとスッキリする、「ボキッ」と鳴らされるのは怖い、などの印象だけではないでしょうか。


カイロプラクティックでは「ボキッ」と鳴らすことを、『アジャストメント』または『スラスト』と言います。


このテクニックは音を鳴らすためにしているわけではありません。音がならなくても効果に差はないのです。


では、どんな目的の為に『アジャストメント』をするのか紹介したいと思います。


関節の動きを滑らかにする


アジャストメントは、可動域を広げたり関節の動きをスムーズしたりする効果が期待できます。


関節の動きを改善する
関節の動きを改善する


関節は動かさないと硬くなる


関節は一定時間動かさずにいると動きが悪くなります。


肘や肩、背骨などの関節の周辺には、皮膚や筋肉、腱、靭帯などがついています。これらの軟部組織は伸びたり縮んだりします。


しかし、体(関節)を動かしていないと硬くなり動きが悪くなってしまいます。


関節の動きが良くなると身体の不調は改善される


硬くなった関節に対してアジャストメントすると関節の可動域が広がります。


関節の可動域が広がることによって体を動かすのが楽になります。その結果、肩こり腰痛首の痛み改善が期待出来ます


また、関節の可動域を広げることでリンパや血液の循環がよくなることも期待出来ます。


関節の動きが悪いと老廃物が溜まり、痛みや凝りなどの不快感を感じることが増えます。関節の動きが悪く筋肉が凝り固まっている状態では、栄養や酸素が運ばれないため免疫力が落ちたり、疲労の回復が遅くなります。


関節の可動域を改善することは、体の動きがよくなることだけではなく、疲労回復や肩こり、腰痛などの痛みの改善にも期待できるのです。


凝った筋肉をほぐす


筋肉を緩める
筋肉を緩める


アジャストメントをすることで神経を刺激して、筋肉を瞬間的にほぐす効果を期待できます。


アジャストメントは問題のある関節に対して行ないます。関節には筋肉の緊張を監視している器官があるので筋肉にも影響を与えます。


筋肉は強く収縮すると壊れてしまう可能性があるので、壊れる前に「筋肉を緩めなさい」という命令が出され、神経を通じて筋肉が緩められます


そのため、関節に付着している腱が、筋肉の状態を監視していてアジャストメントされた刺激で筋肉がほぐれるのです。


アジャストメントは、このような反応を意図的に起こすことで緊張した筋肉を緩めるのです。


姿勢を改善する



アジャストメントは、歪んだ姿勢を改善します。


アジャストメントは骨の位置を変えている。と思われていますが、骨の位置は簡単に変わりません。


では、なぜアジャストメントをすると姿勢が変わるのか。


アジャストメントは神経を刺激します。アジャストすることで姿勢を調整している小脳に命令が行きます。すると、筋肉の緊張平衡感覚が整えられて姿勢が改善されます。


アジャストする関節によってどの神経を刺激するのかが変わってきます。その人の症状や歪み方を的確に判断して、適切な箇所に刺激を加えることで、姿勢が変わったり症状が改善されるのです。


ボキボキは危険なのか?



ボキボキは危険だと聞いたこともあるのではないでしょうか。


実際に危険かどうかは、施術者の技術や知識によります。しっかりとした施術者であれば安全な方法で、アジャストします。ちなみに、私も事故を起こしたことはないです。


アジャストする力の強さ、アジャストをする部位、アジャストする方向、などが適切でなければいけません。


次のような施術を受けていると、危険な場合が多いです。


何も検査をせずに「ボキッ」とする


重度のヘルニアなどの症状があるにもかかわらずに、アジャストを受けると悪化する場合があります。検査を行わず施術をするのは危険です。


音がなるまで何度もアジャストされる


アジャストは音を鳴らすことが目的ではありません。刺激が加われば一定の効果が期待できます。音に拘りすぎて何度も繰り返しアジャストされると、関節や靭帯を痛める可能性があります。


とにかく全身ボキッとされる


全身を検査して必要な箇所だけアジャストすることが、正しいです。とにかく全身をボキッとするのは、アジャストの必要性を理解していない人です。不要な関節をアジャストすると逆に悪くなってしまう可能性もあります。


まとめ


カイロプラクティックで受けるボキボキは、関節の可動域の拡大と、神経への刺激が狙いです。関節の可動域の改善と神経への刺激が、凝りや痛みの改善になります。


そのためには、正確なアジャストメントが必要です。必ず必要な検査をしなければいけません。適切なアジャストを受ければとても体が楽になることが多いです。しかし、間違ったアジャストを受けると、逆に体の調子が悪くなってしまいます。


もし、カイロプラクティックを受けるのであれば、適切なアジャストメントをしてくれる所を選びましょう。

Pocket

カイロプラクティックの施術で関節をボキボキ鳴らす理由” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です