四十肩は放置したらダメ!積極的に四十肩を改善するストレッチ

Pocket

「四十肩になってしまって腕が上がらない。。。。」
あなたはどんな方法で対処していますか?

「最近、四十肩になってしまって肩が痛い。」
「年のせいだと思うし、しばらくすれば痛みは治まるかな」なんていうふうに考えていませんか?

 

もしかすると、「四十肩なんて時間が経てば自然に治るでしょ!」と思っている方は多いのではないでしょうか?

 

それは間違い!四十肩は放置していても治りません!!

 

炎症による痛みは、自然と引いていくので「治った!」と勘違いしてしまう方は多いです。しかし、その後、なにもしないと……

 

「腕が背中に回らなくて背中がかけない……」

「肩の動きが悪くて服を着るのが大変……」

「腕が上がらなくて高いところにあるものが取れなくなった……」

「肩が重くて毎日つらい……』

「横向きで寝ようとすると肩が痛い……」

 

炎症が引いたからといって、適切な対処をしなければ日常生活に影響がでてしまいます。

そこで、よくある症状だがあまり対処の方法が理解されていない「四十肩・五十肩」の原因や改善方法を紹介したいと思います。

 

四十肩と五十肩に違いはある?

四十肩で肩が痛い

というわけで、こんにちは!

金沢市の整体院『カイロプラクティックFix』の土田です。

まず、『四十肩』や『五十肩』という言葉は良く聞くと思うのですが…「違いはなに?」と思いませんか?

 

実は、『四十肩』も『五十肩』も同じ症状なんです。

 

四十肩と五十肩は同じ症状で、正式には肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)と呼ばれる症状です。

40代や50代の方に多く起きていた症状だったので『四十肩』や『五十肩』という呼び方で認知されるようになったと言われています。

 

肩関節周囲炎とは?

肩関節周囲炎とは、肩関節の腱(腱板)、関節、筋肉に炎症が起きている状態のことです。

四十肩・五十肩というのは肩に起きた炎症によって痛みや運動(可動)制限が起きている症状のことを言います。

炎症が起きる主な原因は3つあります。

多くの場合、これから紹介する「3」が原因となっていますが、肩に激しい痛みがある場合は、レントゲンやMRIなどで検査をしなければ原因がはっきりしない場合もあります。

激しい痛みがある場合は、まず病院に行かれることをおすすめします。

それでは、3つの原因を紹介していきます。

1.腱板の損傷・断裂

肩甲下筋腱、棘上筋腱、棘下筋腱、小円筋腱の回旋腱板

腱板とは、肩甲下筋腱、棘上筋腱、棘下筋腱、小円筋腱の4つの筋肉の腱が束になって形成している健のことを言います。

これら4つの筋肉は、小さい筋肉ですが肩の安定性を保つために重要な筋肉です。これらの腱が傷ついたり断裂することで痛みがでます。

断裂している場合は、病院での処置が必要になります。安静に保ち薬で回復する場合もありますし、手術を進められる場合もあります。

2.石灰沈着性腱板炎

筋肉や腱の石灰化

腱板の内部にリン酸カルシウムが結晶化することで、周囲に炎症が発生して痛みや可動域の低下が起こります。

はじめは、濃厚なミルク状ですが時間の経過とともに固くなってきます。固くなってしまうと激しい痛みと肩の動きがかなり悪くなってきます。

早い時期に病院で処置をしてもらうと比較的早く改善される可能性があります。状態が悪いと手術になる可能性もあります

3.肩周りの筋肉が凝り固まっている

筋肉のコリによって血管が圧迫され疲労物質が溜まる

血流が悪くなり疲労物質が蓄積して筋肉が凝り固まっているときに肩を動かしたことで炎症が起きてしまった状態です。

病院で検査を受けても特に異常がないと言われた場合には、このような原因による肩関節周囲炎であることが多いです。

このような場合であれば、カイロプラクティックや整体院で改善する可能性が高いです

 

四十肩が発生するきっかけは?

ある日突然、激しい痛みで腕が動かせなくなる四十肩ですが原因はなにか?

四十肩を経験した多くの方は、四十肩になる直前や前日に「特別肩に負担が掛かることをした」というわけではないと思います。

四十肩になるずっと前から、少しずつ肩にダメージを蓄積する行動を行っていて限界を超えたところで痛み出たということが殆どです。

肩にとってのダメージは、重い物を持つとかボールを投げるといったことだけではなく、日常的に行ている行動や普段の姿勢といったことの方が多いです。

また、加齢による組織の変性という場合もあります。

 

このように、気がつかないうちに四十肩になってしまうリスクはどんどん高くなっていきます。

次あげる3つのような、肩の問題が起きてきているようであれば今から予防しておきましょう。

1.肩関節の動きが悪い

スムーズに動かない肩関節になっているからです。加齢や不良姿勢によって、関節を構成している軟骨や筋肉、靭帯が硬くなり、動きが悪くなってきます。すると、少ない動きでも肩関節周囲の組織が疲労し、傷ついて炎症が起きているということが考えられます。

2.慢性的な肩こりになっている

慢性的な肩こりになっていると、肩関節周りの筋肉が硬くなり、血流が悪くなります。血流が悪くなったことで、組織の回復が間に合わず、日頃の疲労が蓄積して、肩関節の腱に炎症が起きてしまう可能性があります。

3.筋肉の衰え

若いころは、ある程度筋肉がしっかりしているため、肩関節をしっかり支えることができます。しかし、日頃からトレーニングをしていなければ、年齢を重ねるごとに、筋肉が落ちていきます。すると肩関節を支える為に、筋肉だけでは足りなくなり、腱も大きな負担を背負うことになるのです。その結果、腱にダメージが蓄積され、ちょっとした動作で炎症が起こり、四十肩になることも考えられます。

 

四十肩は自然とよくなるの?

四十肩は安静にしているだけじゃダメ

四十肩は時間が経てば炎症が引き痛みが和らぐので、その時点で「治った!」と思ってしまうかもしれません。

しかし、痛みが引くだけで肩の動きは良くなっていないということが多いです。

昔のような肩の動きができるようになるためには、自然と治るのを待つだけでなく適切に対処していく必要があります。

● 自然に痛みが引くのは炎症だけ

四十肩や五十肩になった直後は炎症があるため、しばらく安静にしている必要があります。安静にしていれば炎症が引いて、痛みが和らいでくると思います。しかし、その後もずーっと安静にしているのは間違いです。動かすときの痛みや可動域の制限は残ります

● 肩の可動範囲は改善しない

安静にしていも肩を動かせる範囲は狭いまま。ただ痛みが和らいだだけです。

「肩の動きが悪くて不自由だ」、「少し高い所の物をとる時に手が届かない」、「服を着たり、脱いだりするのが辛い」、「ボールが投げられない」、という症状は自然に改善されません。では、四十肩や五十肩になった場合には、どのように対処するのがよいのでしょうか。

四十肩になった時の対処方法

それでは、ここから実際になってしまったらどうしたらいいのか解説します。

肩関節周囲炎には2つの状態があります。痛みがでたばかりの「急性期」と炎症が引いてきた「慢性期」です。

それぞれで、対処の方法が違うので2つに分けて紹介します。

 

急性期の改善方法

氷で炎症がある部分を冷やす

急性期は炎症が痛みの原因

四十肩は、何気なく肩を動かした時に突然痛くなるのが特徴です。炎症で痛みが発生したばかりで、何もしていなくても痛みがあるような状態を急性期といいます。この時期は普通に過ごしている時でも、ズキズキとした痛みを感じたり、痛めた肩を下にして寝ることができなかったり、痛みで目が覚めるたりする場合もあります。

このような状態のときは、安静にしておくようにしましょう。

激しい痛みは、炎症によるものです。時間がたてば炎症が引き痛みも和らいできます。

病院では、薬や注射で炎症を抑えることができるので、痛みが辛い場合は受診されるといいと思います。

 

また、炎症を和らげる方法としてアイシングもおすすめです。

ビニール袋に氷を入れ、痛みが出ている部位に当てて15~20分ほど冷やして下さい。15~20分経つと感覚がなくなるので、アイシングを終了させるサインだと思って下さい。

炎症による痛みが強いようであれば、1~2時間の間隔をあけて繰り返し行って下さい。

0度以下になっている氷や保冷剤を使うと、凍傷になる可能性があるので表面が少し溶けてから皮膚に当てるようにするといいです。

また、長時間のアイシングも凍傷になる可能性があるので、感覚がなくなったところでやめるようにしてください。

 

慢性期

慢性期が四十肩改善のキーポイント

しばらくすると炎症による激しい痛みは引き、腕を大きく回したり重い荷物を持たなければ、肩に痛みをを感じない状態になると思います。

このような状態なれば慢性期に突入したといえます。約2~4週間くらいだと思います。

肩を動かさなければ痛みは出ないが、動かすと痛みを感じたり動きが悪いと感じるのではないでしょうか?

つまり、関節や筋肉が固まってしまっているということです。

四十肩になる前の状態になりたいと思うのであれば、この時期が最も大切です。。

この時期にしっかり対処しておかなければ、「洗濯物を干す時に肩が痛い」「ボールを投げる時に肩が痛い」「服を着替える時が辛い」、というような日常生活に支障をきたす状態が長く長く続いてしまいます。

慢性期は肩を積極的に動かす

腕が挙がらない、腕が後ろに回らない、というのは『肩関節拘縮』と言われる運動障害です。筋肉などが硬くなり、運動に障害が出ている状態です。

肩関節をしっかりと動かして柔軟にして行くことが大切です。

ものすごく痛みを感じる無理な動きはしなくていいです。少しずつ肩甲骨の動きを中心に、可動域を広げて行きましょう。

四十肩を改善するストレッチ

炎症が引き、慢性期に突入したら肩を徐々に動かして、拘縮した筋肉を解放していくタイミングです。

長い間、動かしていなかった肩の関節は固まっていて、動かすと痛みや動かしにくさを感じることもあります。

まずは、小さな動きから初めて無理をしない範囲で改善していきましょう。

ここでは、肩の状態に合わせて自分で行うストレッチを紹介しておきます。

第1段階

 

第2段階

 

第3段階

 

もし、「自分で続けることができない」、「なかなか改善されない」とい方は

四十肩は、痛みがなくなり肩の動きが元通りになるまで半年~1年程かかることが多いです。

「自分でストレッチを続けるのは無理だ」、「もっと早くなんとかしたい」という方は、当院にお越しください。

どこに原因があるかをつきとめ、ゆがんだ筋膜を解きほどいていきます。

 

 

まとめ

四十肩・五十肩についてご理解頂けましたか?

四十肩・五十肩は痛みが強いのでなってしまうと辛いです。

四十肩・五十肩の痛みを早く楽にしたい方は当院に一度お越しください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です