肩こりの悪化は頭痛を引きを起こすこともある!?おすすめの対処方法

Pocket

「慢性的に肩こりはあったけど…今日は頭が痛くて最悪」

このような症状で悩んでいませんか?

まずは、今起きている症状は何が原因なのかつきとめ、適切な対処をすることです。

慢性的に肩こりがあり頭痛を感じるという方の多くは「緊張型頭痛」になっている可能性が高いです。

日本では、慢性頭痛を訴える多くの人が「緊張型頭痛」と言われ、およそ2000万人いると推計されています。

「緊張型頭痛」は、首や肩の筋肉が凝り固まっていたり、ストレスを抱えていたりすると起きる頭痛です。

そのため、首・肩こりを解消したり、ストレスを解消することで辛い頭痛を和らげることができます。

しかし、ひどい吐き気や頭痛がある場合には、他の症状があることも考えられますので自分で判断せず医療機関を受診して下さい。

ここでは、脳などに異常がなく緊張型頭痛のお悩みを改善したい方に向けて紹介していきます。

 

なぜ肩こりから頭痛が起きるの?

緊張型頭痛は次のようなメカニズムで起きているのではないかと言われています。

  • 筋肉の血流の減少や、筋肉が硬くなったり、筋肉に対する疼痛に対する痛みの感じ方の程度の成績から、筋膜や神経などにある痛みに対する受容体が関与する末梢性因子が存在すると考えられます。
  • 一方、脳幹や大脳などの中枢が関与するメカニズムとして筋膜から中枢への痛みに対する反応が三叉神経を介して中枢を感作するとする中枢性の因子もあります。
  • 緊張型頭痛のメカニズムは末梢、中枢いずれの関与も考えられ、おそらく頻度の少ない緊張型頭痛では末梢性因子が主に関与し、頻度の高いおよび慢性の緊張型頭痛では三叉神経を介した、末梢と中枢の両者が複雑に関与していると考えられます。

出典:日本頭痛協会HP(https://www.zutsuu-kyoukai.jp/)

 

少し難しく書いてあるのでもう少し簡単に説明します。

1.頻度の少ない緊張型頭痛

肩こりや首こりによって表面の神経が刺激され、頭部(頭蓋骨の外側)で血管が縮み血流が悪くなることで起きている頭痛

2.頻度の多い緊張型頭痛

肩こりや首こりによって表面の神経だけでなく、深部の神経も刺激されることで頭蓋骨の外側だけでなく内側にも血流の変化あることで起きる頭痛

 

緊張型頭痛の持続時間には個人によってバラツキがあり、30分程度で収まる人もいれば、1週間ほど痛みが続く人もいます。また、1回の頭痛の時間が短くても頻繁に繰り返し頭痛が起きるという方もいます。

このような違いが、上記のような理由からきていると考えられます。

いずれにせよ、筋肉→神経→頭痛という流れで起きるので、根本的に改善するには筋肉にある問題を解消する必要があります。

 

緊張型頭痛になるような肩こりの原因は?

頭痛を引き起こす肩こりの原因は、殆どが生活習慣にあります。

どのような生活習慣が問題となるのか知ることで、辛い頭痛を予防できますので紹介していきます。

1.長時間同じ姿勢

どんなにいい姿勢でいても、同じ姿勢を続けていると同じ部位の筋肉にだけ負担がかかり凝りが発生してしまいます。

筋肉は、動かすことで血液が循環され老廃物を排除し、新たな栄養や酸素を取り込みます。

血流が良い状態であれば、凝りは発生しにくいです。

デスクワークなどで同じ姿勢で作業をしている場合でも、1時間に1回は体を動かすようにしましょう。

 

2.猫背の姿勢

人の頭の重さは3~4㎏ほどあるといわれています。子供用のボーリング球と同程度の重さがあるので、なかなかの重さだと思います。

これを支えてるいるのが頸部(首)になります。

元々、体の細い部分で支えているので姿勢が悪くなると、首肩にかかる負担は大きくなります。

特に、猫背になり顔が前に出るような姿勢になると、首にかかる負荷は4~5倍に増え20㎏近くの重さを支えることになります。

気になる方は、こちらで「姿勢の確認方法と猫背の改善方法」を紹介しているのでご覧ください。

 

3.首にあっていない枕で寝ている

本来の枕の役割は、「頭を載せる物」ではなく、「首のカーブを支える物」である必要があります。

人間の脊柱(背骨)は、真っすぐではなくゆるいS字カーブを描くように作られています。

このS字カーブがあることで体にかかる負担を最小限に抑える重要な仕組みになっています。

これは、「立つ」「座る」「動く」などの場合だけでなく寝ているときにも重要になります。

枕の高さが必要以上に高く、首がくの字に曲がった状態では首肩の凝りの原因になります。また、枕が低すぎる場合も、首の前カーブなくなってしまうので首肩こりの原因になります。

理想的な状態は、本来の首のカーブを保持する高さと硬さがあるものを使うことです。

思いあたるものはありませんでしたか?

もし、あてはまるものがあったら今から注意して頂くだけでも緊張型頭痛を予防することができます。

また、どのような作業中の姿勢が肩こりによる頭痛が起きるのか調査した結果もありましたので紹介しておきます。

■下向き頭痛:手芸、編み物、読書、草刈り、調理、貴金属製造、内職、木工、IT関係のパソコン作業。

■上向き頭痛:剪定、摘果や受粉作業、電気工事、クロス張りなどの作業、丸背の高齢者。

■いかり肩頭痛:絶えず重いものを持ち上げる、子供を抱っこ・おんぶする、重いカバンやリュックを背負う、長時間の運転、寒冷ストレス

出典:日本頭痛協会HP(https://www.zutsuu-kyoukai.jp/)

 

緊張型頭痛の改善方法

「すでに首や肩の筋肉が凝り固まって、生活習慣の改善だけじゃ。。。。」という方のために改善方法も紹介していきます。

姿勢が悪くなり、凝りが発生して緊張型頭痛になるので、改善方法としては「姿勢を整える」、「凝りをほぐす」ということがメインになります。

凝りの状態が軽ければ家で行うストレッチで改善されますが、慢性的でひどく凝り固まっている場合は当院での施術が必要かもしれません。

それでは、詳しい改善方法を紹介していきます。

 

頭痛は薬で治せばいいんじゃないの!?

ストレッチを紹介する前に、

「頭痛薬があるんだから、それを飲むだけでいいんじゃないの!?」

と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

頭痛薬は、即効性もありますし、飲むだけなので楽ですよね。

しかし、頭痛薬は対症療法であって根本から改善する作用はなく、服用する頻度が多くなると薬物乱用頭痛になる可能性があります。

鎮痛薬は有効であり、長時間のデスクワークなどにより比較的急性に起こった緊張型頭痛で23日の内服で軽快するような場合にはよいと思いますが、既に慢性化してしまって連日になっている頭痛に対しては、のみ始めると毎日のむことになる可能性が高く、薬物乱用頭痛に発展してしまう危険があるためお勧めできません。

出典:日本頭痛協会HP(https://www.zutsuu-kyoukai.jp/)

薬物乱用頭痛というのは、鎮痛剤を高い頻度で服用することで効き目が短くなり、やがて服用した鎮痛剤によって頭痛が引き起こされるという状態になります。

頭痛を良くしようと飲んでいた薬で、頭痛を悪化させては何の意味もないですよね。

 

では、実際に頭痛の専門家はどんな治療方法を進めているのかというと

運動療法(体操)や入浴、リラクゼーションが治療の基本となります。

出典:日本頭痛協会HP(https://www.zutsuu-kyoukai.jp/)

ということです。

緊張型頭痛が起きるまで放置しておいた体を、しっかり改善してあげましょう。

 

緊張型頭痛におすすめのストレッチ

緊張型頭痛には、肩甲骨を動かして僧帽筋という首と肩についている筋肉をほぐしてあげることが効果的です。

また、猫背になっている方でしたら胸の筋肉をほぐすことで姿勢が良くなり、肩こりと頭痛の改善に効果的です。

実施のやり方については、こちらの動画が参考になりますので見てやってみてください。

 

 

自分で続けるのは無理かも...

「セルフストレッチを続けるのは無理かも。。。」

「早くなんとかしてほしい」

「肩こりが慢性的で凝り固まりすぎている。。。。」

このような方は、当院にお任せください。

当院では、首こり、肩こりが原因による緊張型頭痛で悩まれていた方が多くいらっしゃいます。

気になる方は、改善事例をご覧ください。

当院では、根本となる姿勢のゆがみから調整することで、首こり、肩こりを改善し緊張型頭痛の症状を和らげます。

 

まとめ

肩こりが原因となる頭痛について解説しましたが、お役に立てたでしょうか?

今まで、辛い肩こりと頭痛で悩んでいたあなたが、ここまで読んで冷静に症状を確認して対処し、痛みを解消できれば嬉しいです。

頭痛の症状は判断が難しい場合もあります。頭痛に加えて、激しい吐き気やめまいがある場合は、医療機関を受診することを最優先にしてください。

もし、病院で脳に問題がないことが分かれば、ほとんどが凝りやストレスによる「緊張型頭痛」ということも覚えておいて下さい。

自分で肩こり解消できなければ、こちらもご覧ください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です