肩こりでよくある体の歪みと改善方法を紹介

Pocket

肩こりは体の歪みによって起きることが殆どです。

肩こりの原因や症状は、体の歪み方を見ることで判断できます。

体の歪み方がわかると、肩こりを改善する近道となります。

ここでは、体の歪み方でどのような肩こりになるのか、どうやった改善するのか紹介していますので参考にしてみてください。

1.頭が前方に偏移している

姿勢

姿勢を横から見たときに、耳が肩より前方に出ている状態になります。

原因

長時間のデスクワーク、長時間のスマートフォン使用などの下を向いている時間が長いことが頭が前方に偏移する原因と考えられています。

また、枕の高さが高く顎を引いた状態になって寝ている人もこのような姿勢になりやすいです。

症状

肩から首にかけて常に重い、両肩にこりを感じる、寝違えがよくおきる、頭痛を感じるなどが起こりやすです。

確認方法

頭部前方偏移は壁を使って簡単に確認することができます。

壁に、背中を向けて両足の踵、お尻、背中、肩、頭を順番につけていきます。

頭をつけると姿勢を保つのが苦しい、頭が壁につかない、頭を壁につけると視線が通常より上を向いてしまうという方は、頭が前に出ている姿勢になっている可能性があります。

施術の流れ

頭が前に出ていると体の前側の筋肉が緊張している状態になるので、胸の筋肉である大胸筋・小胸筋や首の前側にある胸鎖乳突筋・斜角筋をゆるめます。

また、頭が前にでると視線を下げないように首の後ろの筋肉も緊張が強くなります。首の後ろにある後頭下筋群や僧帽筋上部も緩めます。

 

2.肩が前方に偏移している

姿勢

体を横から見たときに、肩が体の中心ラインより前に出ている状態です。

原因

スマートフォンなどで、腕を前に出した状態での作業が続くと肩甲骨が開き肩が前に出てきます。

症状

肩甲骨周りの痛み、肩から首にかけての凝り、呼吸が浅くなり息苦しいなどの症状を感じることが多いです。

確認方法

肩が前方に出ている状態も壁を使って簡単に確認することができます。

壁に、背中を向けて両足の踵、お尻、背中、肩、頭を順番につけていきます。

このときに、肩の背中側ピッタリと壁につかず、肩の上のほうが浮いている、肩甲骨内側だけがついている(肩甲骨の背骨に近いところ)という状態の人は肩が前に出ている可能性があります。

施術の流れ

肩甲骨が上に上がり、外に開いていることが多いです。

肩甲骨を背骨に寄せて施錠な位置に戻すには、胸の筋肉の緊張を緩める必要があるので、大胸筋・小胸筋をを緩めます。

肩甲骨が上に上がるのは僧帽筋の緊張のせいなので、僧帽筋も緩めます。

また、このような姿勢が長く続いていると肩の安定性を保つ肩甲下筋や小円筋といった内側の筋肉が固くなっていることもあるのでゆるめていきます。

 

3.肩の高さが平行になっていない

姿勢

体を正面から見ると、左右の肩の高さが平行ではなく、どちらかが下がっている姿勢です。

原因

いつもバックを片側でもっている、足を組んで座るなど左右対称ではない動作を続けているとおきる可能性があります。

症状

片側の肩こりや、頭痛、腰痛などがどちらか片方にあらわれることが多いです。

確認方法

鏡の前に立ち、目を閉じて体を十秒ぐらい左右に揺らしたあと「正しい姿勢」だと思うところで体をとめ目をあけましょう。

その時に、鏡で確認して左右の手の長さが違いっていたり、肩の高さが違っていれば、体が歪んでいる可能性があります。

施術の流れ

肩の高さが平行ではない場合は、2つのパターンが考えられます。

1つ目は、肩だけに問題がある。

肩だけに問題があることは少ないです。

肩だけの場合は、利き腕のほうだけが肩が前に出ているということが多いので、前にあげた「肩が前にでているときの施術」をおこなっていきます。

2つ目は、骨盤や背骨に問題がある。

多くは、骨盤や背骨からの歪みのせいで肩が平行ではなくなっていることが多いです。

骨盤がどちらか傾いていないか確認を行い、傾いているほうを矯正します。

その後確認を行い、肩が平行にならなければ背骨の歪みを矯正していきます。

ここまでの過程で、肩こりが楽になる場合もあります。

4.頭が左右どちらかに傾いている

姿勢

正面や後ろから見たときに頭が左右どちらかに常に傾いた状態になっています。証明写真などを撮影すると傾きを治される方はこのような姿勢になっています。

原因

横向きで寝ている、パソコンのディスプレイが正面にない状態で使用している、頬杖をよくしているなどが傾きの原因になることがあります。

症状

頸椎の歪みや、首の筋肉の張が片側だけ強くなるので、片方の首肩の痛みや凝り、頭痛などが起きます。

確認方法

鏡に向かってまっすぐ立ち自分の左右の耳の高さが同じになっている方確認してください。もし左右で違っていれば、顔の傾きがあります。

施術の流れ

頭の傾きは、首の筋肉の緊張をとるだけで解消する場合もあります。頭を横に倒す、斜角筋、胸鎖乳突筋という首の横についている筋肉をリリースしていきます。

もし、それで傾きが改善されず、首肩に痛みが残るようであれば、骨盤と背骨のバランスも調整する必要があります。

 

Pocket

「カイロプラクティックFIX(フィックス)」は完全予約制です
お電話かWeb予約になっています。

Web予約はこちらをクリック

電話予約は076-201-4660にお電話かクリック

「はい!こちらはカイロプラクティックFIX(フィックス)です!」

と、応対しますので。

「ホームページをみて電話しました。」

とお伝えください。

希望の日時をお伝えください。
時間が空いていれば、当日予約も承れます。
当日予約が難しい場合もありますので
2~3日前までの予約をお勧めいたします。

コースははじめての方の場合は
カイロプラクティックコース
90分6,000円となっております。

電話番号は076-201-4660となっております。
くれぐれもお間違えの無いようにお気をつけ下さい。

営業時間 10:00~20:00(最終受付)
休日 毎週火曜日、その他お盆、正月などあるので予約時にお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です