Pocket

腰痛と右脚に痺れがある金沢市の男性 40代

腰痛と右臀部(お尻)から太ももに痺れがある、
という理由で来院された金沢市の男性40代の方です。

腰を後ろに反るのも辛い、
腰を前に曲げるのも辛いという状態で、
お尻から太ももにかけて痺れを感じる、
ということです。

初めに腰痛を感じてから、
徐々に腰の痛みが強くなってきて、
仕事ができないくらい辛くなったそうです。

重い荷物を持つ現場で仕事をされているので、
常に腰に大きな負担がかかっているようでした。

 

 

姿勢を確認すると身体が傾いていた

骨盤が後傾して左に傾いている

まずは骨盤が後傾していることが気になります。

さらに写真を見てもらうと分かると思いますが、
右足に体重をかけてて立つのが、
癖で中心線より右に体が寄っています。

この状態だと右の骨盤が上がり、
左の骨盤が下がっている状態になります。

すると仙腸関節の動きが悪くなり、
腰を反ったり、
体を前に曲げたり、
すると背骨に負担がかかります。

これによって、
腰に痛みがでていました。

 

中臀筋と梨状筋が硬くなっている

お尻についている筋肉である、
中臀筋と梨状筋という2つの筋肉が硬くなていました。

この2つの筋肉が坐骨神経を刺激することで、
痛みや痺れを感じるようになることがあります。

今回の場合も坐骨神経が刺激されることで、
臀部や太ももに痛みが出ているようでした。

施術は関節の動きを良くして筋肉をほぐす

全体的に関節の動きに偏りがあり、
筋肉も疲労して硬くなっていました。

今回は足のしびれと腰痛を緩和すること
に重点をおいて施術を行いました。

お尻と太ももの裏側の筋肉をほぐし、
仙腸関節がスムーズに動くよう調整しました。

施術後は骨盤の傾きが改善された

施術後は、
骨盤の傾きが調整され、
体の中心に重心が来るように立てていました。

腰を反らすのはまだ痛みはあるようでしたが、
「足が軽いし、しびれは感じない」
と言われてました。

手の高さも左右で違いがあったのですが、
施術後は左右で同じ高さになっていました。

肩こりも減り肩の可動域が改善していました。

背骨の歪みは改善しきれておらず、
上半身は少し左に傾くような状態になっていました。

今後は背骨の傾きを整えることで、
腰の痛みや、
可動域がさらに改善すると思います。

日ごろの姿勢が悪い自覚があるそうなので、
正しい立ち方座り方をレクチャーをして、
ホームケアもして頂くことにしました。

by 金沢市の整体院カイロプラクティックFix

Pocket