Pocket

お尻から脚の裏側にある痺れと痛みを改善

Bさん40代の女性です。

腰から足にかけて痛みがあり、気づいたら足に痺れがあるということで来院されました。

腰痛と足のしびれ

腰痛・脚の痺れの原因

骨盤が後傾している

前傾姿勢で仕事をすることが多いため骨盤が歪んでいました。

前かがみの姿勢を続けていると、バランスをとるために骨盤が後傾した状態になります。

それによって大臀筋や中臀筋というお尻の筋肉と、ハムストリングという太もも裏の筋肉が緊張して脚の痛みや痺れが起きている状態でした。

腰のカーブが少なくなり背中が丸まっている

腰の前カーブが少なく、背中の後ろカーブが大きく、なっていた為に後ろにのけ反るような姿勢になっていました。

そのため、腰の筋肉がガチガチに固まっている状態でした。

これも、脚に痛みや痺れをもたらす坐骨神経痛の原因になっているようでした。

施術の結果

施術は、

・骨盤の後傾を修正して腰の前カーブを作ること

・臀部とハムストリングスの筋肉をほぐす

ということを重点的に行いました。

家でもストレッチポールを使いケアを行ってもらいました。

はじめは2日程で痛みが戻ってきていたのですが、5回目の時には2週間は辛くなることがないという状態になりました。

寝る時にも痛みがあったそうなのですが、今では感じなくなったそうです。

リラクゼーションマッサージに頻繁に通っていたのもめっきり行かなくてすむようになったそうです。

5回目の時の写真では、かなり良い姿勢になってきたと思います。

腰が丸まらないようにお家でケアをしていけるとまた酷くなることを防げると思います。

お仕事上どうしても腰を丸めることが多い場合は、やはり日々のケアが重要になってきます。ストレッチなどを習慣化できると良いと思います。

Pocket