Pocket

少しうを向くだけで首が痛い

少しうを向くだけで首が痛い

『少し上を向いただけで首に痛みを感じる』ということはないでしょうか。

このような場合、首に原因があるのはもちろんですが、その他にも問題がある場合が多いです。

上を向いて首に痛みや違和感があると、首だけを治療したり、首だけストレッチをしたり、ということをしますよね。首だけを改善して良くなる方もいますが、そうではない方も多くいます。

「良くなったと感じない」、「すぐにまた同じような痛みが出てきた」、「施術後に家に着いたらもう上を向けない」というような感じだと思います。

このように痛い部分を改善するだけでは、根本的な解決ができないことが多いのです。上を向くと首が痛いという症状を解消するには、次の3つの原因を解消しなければいけません。

【原因①】ストレートネックになっている

まずは首の問題です。

【ストレートネックとは】

ストレートネックとは、頚椎の前カーブが減少した状態のことです。頚椎の前湾が正常な状態より減少すると、頭の重さを安定して支えることができません。

【ストレートネックの症状】

ストレートネックは首周りの筋肉が緊張した状態が続きます。すると、筋肉が硬くなり、筋肉の伸縮がしにくい状態になります。

上を向くことが難しくなったり、首に痛みを感じたりするようになります。また、首の関節に負担が増えるので、椎間板がつぶされ痛くなることもあります。

【首の痛みを和らげるには】

頚椎の前カーブを正常にすることが必要です。

【原因②】背中が丸まっている

【猫背も首に負担を増やす】

ストレートネックを改善しようとしても、背中が丸まった猫背でいると、すぐに元の状態に戻ってしまいます。背中が丸くなった状態になると、自然と顔は前に出た状態になります。

この状態で顔を正面に向けることや、顔を上に向ける、という動作は首に結構なストレスがかかります。猫背の人が真っ直ぐ正面を見ている状態というのは、姿勢が良い人が少し上を向いている状態になります。常に上を向いているというのは、とても辛いですよね。

【猫背の症状】

猫背の人は意識しなくても正面を見ているだけで、首・肩・背中が常に緊張した状態になり、筋肉がガチガチに固まってしまいます。

【首の痛みを和らげるには】

猫背を解消して、首・肩・背中の筋肉の緊張を和らげることが必要です。

【原因③】骨盤の歪み

【骨盤の歪みが姿勢を悪くする】

姿勢が悪いことで、「首が痛くて上が向きにくい」という状態にします。

姿勢を良くする上で大切なことは、骨盤の状態です。体の土台となる骨盤が、後傾していたり、前傾していたり、すると姿勢は悪くなります。

骨盤が歪んでも、自然と骨盤の傾きに合わせて背骨を曲げ、バランスをとるように姿勢は変化します。すると理想的な姿勢から、かけ離れていってしまいます。自分で意識するだけでは、姿勢を保つことが難しくなります。

骨盤がしっかりと立った状態に調整して、姿勢を正すことが必要です。

まとめ

首の動きが悪いなと感じて、首のマッサージやストレッチを行う。というのは悪くはないです。

でも、体がどうなっているのかということを、しっかりと見極めた上で改善を行ったほうが、良い結果得られると思います。

首だけしか気にしていなくて、なかなか良くならないなという方は、特に姿勢の状態をチェックしてみましょう。

 

by 金沢市の整体院カイロプラクティックFix

Pocket